今日のビットコインチャート2017年3月8日

今日のレート

始値 145,002円
高値 146,266円
安値 134,087円

相場考察

今日の相場は大きく荒れた 1日になった。

145,000円まで価格を下げた状態でのスタートとなった今日は、午前 7時55分には 140,500円まで価格を下げた。

その後、午後 2時30分には 134,226円と 1万円以上の下落を見せた。

現在、価格は 14万円台まで価格を戻し、現在のビットコイン市場の足取りの強さを証明する結果となったが、なぜここに来て大幅な下落が起きたのか、それを原因を追求していきたいと思う。

今日の下落の原因は「ドルのビットコイン売り」の可能性が非常に高い。

話の中心は、やはり話題になっている「ビットコイン ETF 」関連の出来事である。

3月11日に迫ったビットコイン ETF 承認の是非だが、現状は「大きく上がるかもしれない」が「大きく下がるかもしれない」という状況である。

そして投資家は、原則として「リスクを取らない」のが常である。

「当たれば 1000万円稼げるが、外れれば 1000万円損をする」といった博打には投資家は挑まない。

「確実に 10万円を稼ぐ」方向に投資家は動く。

今回のビットコインに関して言えば、価格はわずか 1ヶ月前と比べても 4万円近く上昇し、2週間前と比べても 1万5000円も上昇している。

先立って投資をしていた人々にとっては、利食いをするには十分すぎる金額だ。

そして今日、その利食いがドルで起きた。

その証拠に対ドルの下落は、円の下落よりも 2時間も早く起きており、その時間帯にドルは膨大な売りが入っている。

円はその下落に引きづられて下落している。

ドルの取引額は今日だけで 130億円を超えており、先にドルが売りに走り、下がったことに対する不安が円にまで伝播したと考えるのが自然だ。

良くも悪くもビットコイン ETF が及ぼす影響は大きいことを痛感した 1日だった。

承認の是非まであと 3日、気が抜けない日々が続いている。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で