今日のビットコインチャート2017年3月11日

今日のレート

始値 142,300円
高値 146,300円
安値 126,072円

相場考察

今日の急落の原因は、お伝えしなくても多くの方がご理解頂いていると思うが、ビットコイン ETF の承認の是非がついに出てきた。

そして結果は「否認」である。

市場はアメリカ現地時間の3月10日にビットコイン ETF の承認が否決され、その報道が流れた一瞬で最安値の 126,072円まで一気に急落した。

しかし、驚くべき事実は他にある。

今のビットコイン価格は円相場で 14万円直前、ドルで 1200ドルまで迫っている。という事実である。

多くの専門家、アナリスト、投資家が「 ビットコイン ETF が否決されれば暴落する」と予想していた。

しかし現実は、下落したのは一瞬で、現在は力強い足取りで価格を取り戻している。

これは先の 1月5日の大暴落では見られなかった現象である。

この事実は、現在のビットコイン市場の粘り強さを証明する結果となった。

加えて、過去 24時間の取引量はおよそ数ヶ月ぶりにドルがトップに躍り出たことも、かなり面白い出来事だと判断できる。

最近のビットコイン市場は、円が独走、少し前までは人民元が圧倒的独走をしている状態だった。

ドルはビットコインのメッカであるにも関わらず日の目を見ずにいた。

だが今日はドルがトップに返り咲いた。

特に注目すべきは今日 1日の取引量である。

今日の総取引量は、850億円を突破しており 2017年で最も取引量が多い 1日になった。

円がその 34%、ドルが 40%、両通貨だけで全世界の取引量の 70%を独占している。

そして、今回の出来事で理解できたことが 2つある。

ひとつは、現在のビットコイン市場は投資家やトレーダーが極めて強い力を持っているということ。

もうひとつは、ビットコイン市場はほんの2ヶ月前と比べても市場の土台が固まってきたこと。

もはや、少々のネガティブニュースでは今のビットコインが揺るがなくなってきた。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で