今日のビットコインチャート2017年4月1日

今日のレート

始値 119,009円
高値 124,165円
安値 119,009円

相場考察

今日4月1日が、仮想通貨法案の施行という日本の暗号通貨の歴史で最も重要な 1日になったのは言うまでもなく。

日を合わせたように三菱東京UFJ銀行は、海外の大手銀行と連携して海外送金サービス開始へ本腰を入れる動きを見せ、三井住友フィナンシャルグループは、ネット通販の決済時に本人指紋・声紋認証システム開発を行うフィンテック企業の構築、テレビ東京では仮想通貨特集番組を組むなど慌ただしい動きを見せた 1日だった。

また、今回の一連の流れで暗号通貨全体の価格は上昇傾向にあり、最近弱気に振れていたビットコイン市場も価格を取り戻し 124,000円を超えたのは仮想通貨関連の報道のおかげだろう。

ただし、24時間の取引量を数字で見るとそこまで手放しで喜んで良い状態でも無い。

今日の取引総額は 250億円ほどであり、この数値から報道で新規参入者が増加したのではなく、既存のユーザーが仮想通貨関連の報道から少し買いに動いたといったところだろう。

先の 150,000円に届いた時は取引量が 600億円を超える日もあったことから、現在のビットコイン価格は「トレーダーがいかに動くか?」によって左右されていると考えて良い。

ユーザーが増加し「普通の人」がビットコインを保有・使用する段階になっていけばもっと価格は上がっていく。

今回の仮想通貨法案はそうした「未来の礎」という意味では非常に大きな前進であるが、一般層に広がるにはまだまだ時間がかかりそうだ。

そうした意味でも日本の仮想通貨市場は未だ始まったばかりだと考えるべきだろう。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で