イーサリアムチャート2017年2月27日〜3月5日

今日のレート

始値 1,731円
高値 2,241円
安値 1,731円

相場考察

今週のイーサリアム価格は、史上最高額を記録した。

心理的障壁と考えられていた 2,280円( 20ドル)目前で動きを止めたものの、価格は史上最高額を記録した。

その後、天井を打ったイーサリアムは一気に売りが入り下落、徐々に安定の方向へ動き、現在は 2,100円前後を推移している。

価格が上がりすぎた場合、その後下落をするのがセオリーである。

チャート分析

今回の値動きも、約 1日をかけて 1,000円近く上昇し、その後上がりすぎた反動で、元の価格帯まで下がっている。

チャートの値動きを見れば分かっていただけると思うが、上昇の兆候が見られたため「買い」が大量に入り価格が一気に上がった。

その後、上がった状態でトレーダーの利益確定「売り」が大量に入ることで一気に下落した。

現状価格は高値に位置しているものの、「ちょうど良い」ポイントで安定して推移を始めている状態だ。

以上のことを考えれば、今回の下落はほぼセオリー通りだったと言える。

イーサリアムのボラティリティ

今週の上昇は、ビットコインの高値の影響が大きい。

現在の暗号通貨市場は、ビットコインが高騰することでそれに比例して、他の暗号通貨も値上がりする傾向が強い。

ビットコインの次に市場規模が大きいイーサリアムは、その影響を特に受けやすく、今回の高騰に押し上げられるように価格を上昇させ続けてきた。

ビットコインの上昇トレンドの始まりは 2月28日である。

そしてイーサリアムの上昇トレンドのスタートも 2月28日。見事にマッチしている。

イーサリアムの価格変動率(ボラティリティ)は、割合(%)で考えるとビットコインよりも大きく、

2月28日 〜 3月3日の 3日間で、ビットコインの上昇率が 約 7%だったのに対して、イーサリアムは約 36%と、およそ 5倍の上昇を見せた。

当然、下がる時もそれだけの下落率になるので注意は必要だ。

イーサリアムニュース

今、アメリカの企業間で話題になっているのが「 Enterprise Ethereum Alliance (エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス・以下 EEA )である。

EEA はイーサリアムブロックチェーンを使い、企業と技術者・専門家をつなげて、ビジネスを立ち上げるオープンソース型のブロックチェーン・プラットフォームだ。

この EEA にはマイクロソフト・インテルなどの企業が率先して参加しており、イーサリアム関連のコミュニティとしては最大規模に成長している。

すでにマイクロソフトがサービスを提供していることもあり、大企業やベンチャー企業の間では話題を呼んでいる。

EEA については下記の記事でも詳しく解説しているので、気になった方は読んでみると良いだろう。

「イーサリアムの価格が急上昇しているのはなぜか?」

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で