イーサリアムチャート2017年3月6日〜3月12日

今日のレート

始値 2,241円
高値 2,606円
安値 1,916円

相場考察

今週イーサリアムは先週に引き続き 2週連続で史上最高価格の記録を更新した。(先週のイーサリアムチャート

最大の心理的障壁と思われていた 20ドル( 2280円 )の壁を突破し、現在は 2,600円とわずか 2週間で約 1.77倍まで上昇し続けている。

更に今回のイーサリアムの価格上昇は、ビットコインの価格とは連動しておらず、暗号通貨 NO.2 というポジションとして価格が上がったのでは無く、イーサ自身の価値で過去最高値を記録した。

今回のイーサリアムの価格上昇の理由は、3月8日に発表された「 Enterprise Ethereum(エンタープライズ・イーサリアム)」の影響の可能性が高い。

ビットコイン価格は 3月8日以降、上下を繰り返しながら 13万円後半で価格を安定させている。

それに対しイーサリアムは、3月8日にエンタープライズ・イーサリアムを正式に発表し、その一度も下落を見せることなく上昇し続けている。

エンタープライズ・イーサリアムとは?

イーサリアムとビットコインの最大の違いは「自由度」にある。

ビットコインが通貨のみにそのシステムを使用しているのに対して、イーサリアムはWEBアプリケーション、スマートコントラクト、通貨としての役割と多彩な機能を持つブロックチェーンである。

現在イーサリアム・ブロックチェーン上で新しいプログラムを製作している開発者は 2万人を超えると言われており、様々な企業向けのサービスが誕生している。

しかし、その自由度の高さゆえ、アプリケーションのポータビリティーの欠如、コードの断片化、特定のベンダー依存などの問題が生まれた。

この問題には、イーサ開発者のヴィタリク氏まで巻き込んで問題解決に取り組む事態となり、今回解決方法としてエンタープライズ・イーサリアムが誕生した。

企業向けイーサリアム

エンタープライズ・イーサリアムは、非公開型のブロックチェーン(企業向け)に最適化されたプラットフォームである。

このプラットフォームは、イーサリアムとの互換性を持ちつつ、その企業独自のブロックチェーンシステムを運用できるというものである。

この EE を支えるプロジェクトが Enterprise Ethereum Alliance (エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス・以下 EEA )である。

エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス・プロジェクトには、マイクロソフトを始め、インテル、アクセンチェアなどの大手 IT企業が参加して、サービスの開発と展開を見せている。

EEA の詳細に関してはこちらの記事で解説しているので、詳しく知りたい場合は下記リンクから

イーサリアムの価格が急上昇しているのはなぜか?EEAの展開が期待される。

イーサリアムは「兄の失敗から学ぶ賢い弟」のような立ち回り方で、ビットコインとは全く異なった価値ある暗号通貨としてポジションを獲得し出した。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で