未来予想プログラムにビットコインの未来を聞いてみた

今、ビットコインの未来について「ウェブ・ボット(未来予想プログラム)」に聞いたインタビューが話題になっています。

このインタビューはすでにインターネットテレビで行われており、多くのメディアで取り上げられて話題になっています。

今回は、ビットタイムスもこの話題を詳しく取り上げていきたいと思います。

ウェブ・ボットとは?

ウェブ・ボット( Web Bot Project )は、元マイクロソフトの技術者であるクリフ・ハイ氏が作成した株価を予測するコンピュータープログラムです。

ウェブ・ボットは、ネット上のチャットやSNSなどで繰り広げられる「人々の会話」を集計し分析、そこに含まれる単語から感情値を測定します。

人の感情値を株価の予想に使うことで的中率を向上させたプロジェクトだと言われています。

株価の分析には経済学はもちろん、地政学や行動心理学などを読まなければいけないためそのような仕様にしたのでしょう。

ビットコインの1000ドル突破と下落も予想済み

昨年の 7月の時点にビットコインに対しても予測を出していました。

ウェブ・ボットが、出していた予想は、

・7月12日からビットコインの 1000ドルまで上昇する動きが始まる
・中国人がビットコインに集まってくる
・ 1度目の 1000ドル突破の後、すぐに900ドルまで下落する。

などの予測で、昨年の年末から今年頭のビットコイン相場の動きと非常にマッチしていると言っても良いでしょう。

ネット上の人々の言語を参考にするのである程度的中率が高くなるのも理解できますが、非常に興味深いプログラムです。

ウェブボット・インタビュー

さて今回の記事の本題ですが、このウェブボットにいくつか質問をした時に、ビットコインについて語られたものがありましたのでご紹介いたします。(以下、インタビュー要約)

質問「オバマ在任中に市場の崩壊は起きますか?」

ウェブボットの返答「可能性はあります。しかし、それはドルの価値が短期間下落するフラッシュ・クラッシュと呼べるレベルのものです。フラッシュクラッシュは、1月8〜1月12日に起きる。」

ずっと上がり続けていたドルが 9日から突如下落したのとピッタリあうのが面白いですね。

続いてウェブボットは、「金融システムの根本的な変化がすでに水面下で起きている。すでにそれはビットコインの急激な価格上昇によって証明されている。」

「ビットコインは金や通貨のように操作されていない。市場を素直に反映している。つまりビットコインの上昇は既存の通貨の危機を意味している。」

と現状、ビットコインが人々に求められている理由を明確にして、既存の通貨の立場を的確に言い表しています。

また「中国の元からビットコインへの逃避がビットコイン急騰の原因だが、ドルや他の通貨でも同じ様なことが起きる。」と最近の元とビットコインの関係性と他通貨とビットコインの関係性も明確にしています。

ウェブポットは最後に「また中国では、アジア開発投資銀行で集めた資金を「巨大なユーラシア経済圏」のために活用し始めている。この構想が完成すれば世界一の人口密度を誇るアジアで十数億人の人々が一斉にビットコインを購入する可能性がある。」と予想しています。

ビットコインとウェブボットの最後に

最後に念のため、ウェブボットはあくまで未来予想プログラムであり、決して預言者などではないのであしからず。

しかし、ここまでビットコインの将来の考察をきちんと市場を見ながら行えるのは非常に面白いプログラムですね。

機会があればまたウェブボットでビットコインの話題が出てきたときにピックアップします。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で