金融ユダヤ人はビットコインを支配できるのか?

今年に入ってイスラエル政府がビットコインにキャピタルゲイン税を課税することを発表しました。

キャピタルゲイン税とは「資産の売却時の利益」にかける税金です。

例えば、以前 20万円で購入したビットコインを 30万円販売すれば 10万円の利益が出ます。

この「 10万円 」 に課税するというものです。ちなみにイスラエルのキャピタルゲイン税は 25% と少々高額です。

今後イスラエル政府はビットコインを「無形財産」として認め、様々な課税の対象にして行くでしょう。

遂に「金融の支配者」ユダヤ人がビットコインを取り扱いに乗り出しました。

ユダヤ人と金融

銀行に始まり VISA カードまで、すべての通過や証券が絡む場面にはユダヤ人の存在があります。

現在の銀行などの金融システムは、全てユダヤ人が作り上げたものであり、クレジットカードの決済手数料の 2~5%はすべてユダヤ人銀行家の懐に飛び込んでいきます。

世界中のクレジットカード決済取引のすべてに手数料が発生するわけですから、その利益の大きさが莫大なことはご想像できるかと思います。

それだけ金融業は莫大な利益を生み出し、時には世界を牛耳れるほどの力を持つ業種なんですね。

そして金融業は、システム開発も運営も現状すべてユダヤ人の専売特許として現代まで受け継がれ続けています。

ユダヤ人が通貨のルールを作った

そもそもユダヤ人が通貨を作り上げ、自分たちに有利なルールを作り世界中に通貨の概念を広めました。

金を預かりそれと同額の「紙幣」を発行する「金本位制」も彼らが発明しました。

現在、世の中に存在するすべての通貨の概念は元をたどればすべてユダヤ人が発明したものであり、それだけ恐ろしい影響力を持っているということです。

特に銀行などの利益の流れは、最後の最後にはこの金融系のユダヤ人の元に行くことになります。

彼らは自分たちだけに有利なルールを作り、その上で金融市場で「絶対に勝てる戦い」を推し進めて行いきます。

ユダヤ人とビットコイン

しかし、金融業界を牛耳る彼らも、ことビットコインに関しては現状「お手上げ」だそうです。

ビットコイン(ブロックチェーン技術)は、全員で管理するための技術であり、全員で見守る技術です。

ビットコインは自分たちだけで管理ができないため、彼らユダヤ人の手を離れ「コントロールが出来ない」のが彼らにとっては大問題だということです。

ビットコインに大量に投資するユダヤ人銀行家が現れるのか、今後の彼らの動向が楽しみですね。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で