BitFuryが世界一のブロックチェーン技術提供企業へと飛躍

今月 18日、スイスで行われたダボス世界経済フォーラム 2017 にて、Bitfury Group(ビットフューリィ)とCovington(コビントン)が共同で「 グローバルブロックチェーンビジネス協議会( GBBC )」の立ち上げを発表しました。

Bitfury Group は、世界一のマイニング用チップ生産企業であり、それと同時に世界でも有数のマイニングプールでもあります。

そのBitfury が今回、GBBC という組織を立ち上げたということは、自社のブロックチェーン技術とそれを使用するノウハウを、いよいよ世界市場へ提供する方針を決めたということです。

Bitfury Groupとは?

Bitfury Group はブロックチェーン技術の根幹である「ハードウェア製品」と「ソフトウェア製品」を同時に提供している企業です。

特にハードウェア製品である「Bitfury 社製のマイニングチップ」は、世界一マイニングに最適化されたチップとして多くのマイニングプールに提供しています。

マイニングプールでは、莫大なマイニング報酬を獲得するために、0.1 秒単位の競争と電力コスト削減が常に求められます。

Bitfury 社製のマイニングチップは、計算速度の速さ・消費電力の少なさという点において、どの IC チップよりもマイニングに適しています。

現在、世界でもランキング上位に食い込んでいるマイニングプールで使っているマイニングマシンの心臓部分はすべてBitfury 社製のマイニングチップに変わっています。

もちろん、Bitfury 自体も世界第 3位のマイニングプールとして活躍しています。

Bitfuryは世界NO.1ブロックチェーン企業へ

今月 Bitfury には2つの大きな出来事がありました。

1つは 30億円の融資を受けて中国のクレディ・チャイナ・ファインテックと契約を結びました。

これにより中国のフィンテック市場の根幹技術にはすべてBitfury のブロックチェーン技術が採用されます。

そして、もう 1つの出来事が今回の GBBC 設立です。

GBBCとは?

グローバルブロックチェーンビジネス協議会( GBBC )はブロックチェーン技術の進化とその技術を世界市場にスムーズに提供するために設立されました。

今後 GBBC は世界的企業とコラボレーションやパートナーシップをとることで、金融・商取引・知的財産・教育・財務・法律・政治・エンターテイメントなどあらゆる分野にブロックチェーン技術を提供し、ブロックチェーンの世界市場の拡大を進めていく方針です。

つまり GBBC は「世界標準のブロックチェーンインフラ」を提供していく団体です。

当然、GBBC のブロックチェーンの根幹技術は Bitfury Group の技術を採用しています。

今後 Bitfury Group はフィンテック市場において世界の中心となっていく企業となるでしょう。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で