メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

2月21日、アメリカ・カルフォルニア州にて Hyperledger project(ハイパールジャー・プロジェクト)は、メルセデス・ベンツの親会社ダイムラーAG がプロジェクトプレミアムメンバーとして参加したことを発表した。

同プロジェクトは、ブロックチェーン技術促進するためのオープンソースを提供するプロジェクトで、金融・銀行・IoT・製造などの各業界の企業リーダーが参加するグローバル・プロジェクトとしてスタートした。

このプロジェクトにはダイムラーAG だけでなく、日本企業からも富士通、日立、NEC などの日本企業が参加しており、IBM、Intel、BLOCKCHAIN といった米国大手企業も参加している。

ベンツとビットコイン

以前、「ビットコインでベンツを購入しそのまま乗って帰れるようになった」でもご紹介したが、メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーAG はブロックチェーン技術にかなり肯定的に動いている。

同社は、世界最大の高級自動車ブランド会社だが、自動車製造・販売以外にも、物流、リース・ファイナンス、保険、およびモビリティ・サービスも行なっている。

ビットコインでベンツが買えるようになったのは、こうしたダイムラーAG のブロックチェーン業界への前のめりな姿勢から生まれたものだ。

近年、ブロックチェーン技術の可能性に目をつけた、大企業の間で革新の波に乗る傾向が高まっているが、同社はその中でも良いポジションを獲得するために活発な動きを見せている。

Hyperledger project には、アクセンチュア、エアバス、アメリカン・エキスプレス、IBM、富士通、JPモルガン、インテルなど企業もプレミア会員として参加し、活動を始めた。

今回の件について、ダイムラーAG の CIO(最高情報責任者)である ジャン・ブレヒト氏は次のように述べている。

「ブロックチェーン技術は、まだまだ成熟していないが、継続的に成長する有望な技術だと考えている。今、その最先端の現場に入り、知識を蓄積し、経験を共有する人々のネットワークを形成するには最適な時期だ。」

「 Hyperledger project に参加することで、我々は良い方向に向かって、正しいステップを実行することができると確信している。」

と語っている。

ダイムラーAG はすでに、モバイルペイメント・サービスの PayCash Europe を買収し、ビットコインでベンツが購入できる環境を整えた。

その流れからも、今回のようなプロジェクトに関心を示すのは当然の流れだと考えられる。

ハイパールジャー・プロジェクトが描く未来

Hyperledger project は、メンバーになった企業が 115社を超えたことを正式に発表し、参加企業の多種多様性からブロックチェーンが今後、多くの業界に多大な影響を与える可能性が高いことを示唆している。

同プロジェクトは、クロスインダストリー・ブロックチェーン技術を促進するためのオープンソース共同作業場であり、プロジェクトのエグゼクティブディレクター、ブライアン・バンドロフ氏は、公式サイトにてこのような声明を出している。

「メンバーシップの多様性は増加し続けており、ブロックチェーン技術は多くの業界に影響を与え、ビジネスプロセスの処理方法を変える可能性があることを実証している。私はダイムラーAG が、プロジェクトにもたらした貢献と所有技術を楽しみにしている。」と語った。

Hyperledger project は、企業が個々のビジネス・トランザクションをサポートするために、業界固有のアプリケーション、プラットフォーム、ハードウェアシステムを構築して実行する共有の分散元帳技術の開発をしている。

このプロジェクトは、金融、ヘルスケア、物物のインターネット、クレジットカードサービス、航空宇宙まで、さまざまな業界にまたがって今も成長し続けている。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で