新生ビットコイン取引所「bitbank.cc」がビットバンクより誕生

ビットバンク株式会社が新たなビットコイン取引所である「 bitbank.cc 」と「 bitbank for broker 」を同時にリリースし話題になっている。

ビットバンクといえば、ビットコインを使った FXができる取引所 bitbanktarade.jp が有名だが、今回はさらに新しいサービスを追加した。

新生ビットコイン取引所 bitbank.ccとは?

bitbank.cc は「トレードをさらなる高みへ」というコンセプトの元、ライトユーザー向けのサービスになっている。

同サービスのウリは、

・トレードをいつでもどこでもできるように、スマートフォン完全対応
・シンプルで簡単なビットコイン FX トレードが可能
・ビットコインだけでなくその他の仮想通貨トレードも可能
・ビットコインセキュリティ専門企業の BitGo社との連携で世界最高峰のセキュリティサービス
・チャートで使えるテクニカル分析は 100を超えるほどプロ仕様

と、ライトユーザー向けに作られたにも関わらず、かなりの本格的な仕様になっている。

bitbank.cc は、スタバで、読書の合間に、通勤途中でもどこでもビットコインFXトレードが可能だ。

今、一般の人たちに浸透しているビットコイン投資のニーズに見事にマッチングさせたサービスだと言って良いだろう。

ホワイトラベル提供取引所bitbank for broker

bitbank for broker のサービスの素晴らしさ感じていただくにはまず、「ホワイトラベル」について解説が必要だろう。

ホワイトラベルとは?

トレードを行うプラットフォームである FX会社を運営する場合、システムの構築・運営、技術者の獲得には、数億円単位の資金が必要になる。

しかしホワイトラベルは、1つの FX会社が製作・運営する FXシステムをそのまま導入し、自社ブランドのサービスとして打ち出すことができる。

つまり、FXトレードシステムを借りる事ができるサービスだ。

ホワイトラベルによって、自社の FXシステムの導入資金が数億円からわずか 1,000万円ほどで、運営スタッフも数十人から数人のチームでも可能になる。

bitbank for broker の大きなメリット

bitbank for broker は、ビットコインを始めとした仮想通貨専門のホワイトラベルである。

4月に施行が予定される仮想通貨法案に向けて、多くの取引所が誕生してきている。

しかし、多くの取引所はまだまだ資金力が無い「小取引所」の場合がほとんどである。

同サービスのホワイトラベル導入によって、

・少資金、少人数で大手のシステム導入が可能
・多額の投資が必要な初期経費のコスト削減
・仮想通貨のセキュリティなどの管理コスト削減
・ビットバンクのノウハウ・コンサルティング提供

など、小さな取引所でも大手と同レベルのサービスが、わずが2週間でも提供可能になる。

ビットバンクは更なる高みへ

ビットバンクは、1つのシステムを日本中に広げる戦略をとっている。

1つのシステムを多くの取引所が使えば、それだけ多くのユーザーにアプローチでき、

bitbank.cc のようにシンプルで簡単なシステムを広げる事で、更に多くのユーザーがいつでもどこでも仮想通貨投資を始める。

取引所サービスを開始して 3年。

ビットバンクは更なる高みを目指し、大きな一歩を踏み出した。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で