ぐるなびがビットコイン決済導入へ 2020年の東京オリンピックまでに5万店が目標

飲食店情報グルメサイト「ぐるなび」の加盟店で、ビットコイン決済が可能になるようです。

ビットコインでの支払いは今年の秋からスタートして、2020年までに 5万店舗まで広げるようです。

ぐるなびは、なぜ「ビットコインでの支払いをはじめたい」と発表したのでしょうか?

ぐるなびのお店でビットコインが使える

ぐるなびは、最近増えているヨーロッパ・アメリカの旅行客にお店でビットコインを使ってもらうためと話しています。

特に意識しているのが、2020年の東京オリンピックで来日する外国人観光客だそうです。

外国人観光客にできるだけたくさんのビットコインを使ってもらうために、

ぐるなびは「POSレジ」を置いているお店なら、どこでもビットコインが使えるようにするようです。

POS レジは日本語以外でも使えるようになっていて、料金などを外国語で表示できる機能もあるみたいですね。

ビットコインの使い方

もちろん、ぐるなび加盟店でのビットコイン支払いは、私たち日本人でもできます。

せっかくなので、POS レジでのビットコイン使い方をどうぞ。

 

まずは取引所などのアプリを開いて「送金」→「QRコード」の順番でタップします。

タップしたら読みとり画面になるので、レジに設置してあるタブレットの QR コードを読み取れば OK。

支払いはその時のビットコインの価格でされるみたいですよ。

ビットコインを送金できるアプリ はこちらです。

ぐるなびで「ビットコインが使えるお店」というメニューができる日もそう遠くないのかもしれませんね。

私も早く、スマホをシュっと出して「ピッ!」っとしてみたいです(照笑)

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で