仮想通貨ランキング最新情報!市場時価総額5兆円突破!

ここ最近の仮想通貨市場は成長著しく、ついに本日 5月5日。

市場全体の時価総額が「 5兆円」を突破した。

上記の画像は少しタイムラグがあるため、最新情報が欲しい方はこちらでチェックをして見ると良いだろう。

今回、注目すべきはランキングトップ10の仮想通貨の時価総額である。

仮想通貨ランキングトップ10で市場の96%を占める

キング・オブ・仮想通貨であるビットコインの時価総額は、過去最高の 2兆9300億円を超えており、圧倒的な額を叩き出しているが、市場第 2位のイーサリアムも 1兆円を超えてきた。

また、その次につけているリップルの変動率は +42.17%を記録しており、時価総額も4,200億円を突破してきた。

この仮想通貨ランキング上位 3つの通貨だけで 4兆3000億円を超え、市場の 86%を占めている状態だ。

更にランキングトップ10になると市場の専有率は 96%を超える。

もちろん、多くの仮想通貨にはそれぞれ特徴があり、時価総額のみで判断できるものではないが、凄まじいほどの差が生まれている。

まだまだ成長段階にある仮想通貨市場

ここ最近の変動率の高さは凄まじいものがあるが、何より今の仮想通貨市場に可能性を感じるのが、

「仮想通貨業界が始まったばかり」という事実だ。

昨年末に日経で「仮想通貨元年」の文字が新聞一面にと掲載された bitFlyer の広告は業界に大きなインパクトを与えてくれた。

しかし、あくまで今年は仮想通貨元年と掲げているくらいなので、日本人口の比率でいえばほとんどの人はまだ仮想通貨市場に踏み入れていない。

今後、市場人口と資金流入が増えていくことを考えれば、 5兆円というのは将来、振り返った時には小さい数値になるだろう。

それでも、今回のような節目を業界の内側から観れたことに喜びを感じている。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で