ビットコイン分裂がほぼ確定、BIP91ロックインと今後のシナリオ

本日 21日9時に BIP91 がロックインされた。

何も問題が発生しなければ 23日に有効化され、ほぼ全てのマイナーは BIP91 に従う予定だ。

これにより 8月1日にブロックチェーンが消えることで「取引データが失われる可能性」のある UASF はほぼ確実に回避できると考えて良いだろう。

BIP91 は、SegWit の有効化するために必要なしきい値をこれまでの 95%から 80%に引き下げる。それと同時に Segwitブロック以外のブロックは「すべて無効」という提案内容になっている。

現在、市場は安心感が広がり価格も上昇してきている。

さて、以上を踏まえて最も重要な「これから何が起こるのか?」についてお話しして行きたいと思う。

今回の「スケーラビリティ」に関する一連の問題については下記の記事で歴史を追って解説している。
→「ビットコインは今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

Segwit今後のシナリオ

スケーラビリティ問題で長い間論争を巻き起こしていた Segwit は 8月中旬に採用、下旬には実際に使用できるようになるだろう。

あとはブロックサイズを 2MBに引き上げるハードフォークを実際に行えば良い。

上記で案内した記事でも解説しているが、今回の BIP91 はあくまでも Segwit 2x を導入するために NYA での合意の元、急遽実行された提案である。( BIP91自体は以前から存在する)

Segwit のアクティベートは 11月下旬になる。

しかし、Segwit 2x のアクティベードが実際に行われ、ハードフォークが実行されるのかどうかはまだ確定ではない。ハードフォークに関して賛成派と反対派が存在しているためだ。

ビットコイン・コミュニティではすでに 11月のハードフォークに向けての議論をスタートさせている。

「ビットコイン・キャッシュ」の誕生

さて、ここからは全く別の話になるが Bitmain を率いる Jihan wu (ジハン・ウー氏)が全く新しいビットコイン「 Bitcoin Cash(ビットコイン・キャッシュ・BCC )」を 8月1日午後9時20分に誕生させることを発表させている。

これはかねてより Jihan氏が提案していた UAHF である。

つまり、この日をもってビットコインは完全に分岐し「ビットコイン」と「ビットコイン・キャッシュ」という 2つのコインが誕生することになる。

ハードフォークはほぼ確定だと考えて良いだろう。

ビットコイン・キャッシュは、ブロックサイズを大きくすることで、スケーラビリティ問題などを解決する。(ビックブロック)

現在、ブロックサイズは 8MBを予定しており、上限はマイナー合意で変更可能な仕様になっている。

同コインを推進しているのは、Bitcoin ABC というチームだが当然、Bitcoin ABC には Bitmain が所属している。

ハードフォークは行われるが、あくまで全く別のコインの誕生になるので、現在保有しているビットコインに影響は
ない。

ちなみに、ハードフォークをした段階で現在保有しているビットコインと同数のビットコイン・キャッシュを持つことになるので、価格の変動はやや起きそうだ。

ちなみに大手取引所 coinbase はビットコインキャッシュ( BCC )を取り扱わないことを正式に発表している。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で