今日のビットコインチャート2017年2月3日

by BITTIMES

今日のレート

始値 113,600円
高値 119,497円
安値 113,600円

相場考察

本日のビットコイン円相場は、先日からの上昇の勢い止まらず 14時まで上がり続け、高値の 119,497円を記録し、12万円台に届こうかというところだった。
対ドルでもビット価格は一時 1000ドルを突破した。
現在のビットコイン高は 1月31日からの流れであり、わずか 4日で 1万円以上価格を上げてきた。
先月の 5日前後の動きに非常に似ている動きをしており、この傾向はあまり良いものではない。
この短期間にここまで価格が上がるということは当然、その反動は大きく、事実この記事を書いている現在ビットコイン価格は115,000円台まで急速に下落している。
価格の変動が大きくなるとデイ・トレードが活発化し単純なトレードのみで取引量が増加する。
過去 24時間のビットコイン取引量はアメリカだけで 85億円、日本では 71億円と昨日の倍の取引量になっていることからも取引量と価格の関係性が読み取れる。
トレードが活発化すると価格の乱高下が起き、結果的に市場不安定になる。その結果下落などのリスクが高まり、下落した瞬間に一気に市場が冷え込んでしまうリスクが常につきまとってくる。その点には十分に注意すべきだ。
また今日はドル高の傾向も出ており、ドル高に比例してビットコインも価格が上がっている。
ドル高ビット高という状況だ。
現状、ドルが高値にはなっているが、トランプ大統領の大統領令の影響から不安定なドル高になっていると考えられる。
高値になったドルで出来るだけ多くのビットコインを購入するという動きが今日のチャートからは垣間見れる。
ただそれにしても今日の上昇率は「異常」の部類に入ることをしっかりと理解しておこう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

金融庁がBinanceを違法業者として正式に公表

金融庁がBinanceを違法業者として正式に公表

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す