今日のビットコインチャート2017年2月11日

by BITTIMES

今日のレート

始値 110,950円
高値 114,999円
安値 110,801円

相場考察

本日のビットコイン円相場は、先日の中国人民銀行関連のニュースは意に介さないといっていいほど強気に触れて来ている。
現在も高値は更新し続けており、いまこの記事を書いている段階で114,999円の高値をつけており、まだまだ上がる空気を出している。
対ドルではまたもや 1000ドルを突破し、取引量は円がトップの 105億円、ドルが 50億円強と市場の空気も悪くない。
過去 24時間の全世界の取引量 202億円と非常に大きなものになっている。
よほど悪いニュースが飛び込んでこない限りビットコイン市場はそれを受け止めるだけの力を蓄えて来ていると考えても良い時期なのかもしれない。
また最近、ビットコインと同じように市場が活発になっている投資対象物があったので追記したい。
それは「金」と「プラチナ」である。
金はこの 1ヶ月ほどで 105%、プラチナは 110%に価格を上げている。
これはドルなどの通貨市場の不安からより安定した金やプラチナに資金が移行した際に巻き起こる現状である。
「ビットコイン」「金」「プラチナ」が安定した投資対象物として同じような目線で見られているのは非常に面白い現象である。
ビットコイン開発者が意図したとはいえ、奇しくも、総量 2100万BTCのビットコインと総量 21万トンの金が同じ投資対象物としていま、注目されているのが非常に面白く感じるのは私だけだろうか。
引き続きバットニュースには注意して相場を見守りたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

仮想通貨×野球まとめ|ブロックチェーンでさらに躍進する球団と選手たち

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

雑所得から分離課税へ?仮想通貨の税率変更「国民の理解が得られるのか疑問だ」麻生財務相

ビットコインキャッシュがロンドン最大の総合格闘技イベントのスポンサーに

ビットコインキャッシュがロンドン最大の総合格闘技イベントのスポンサーに

仮想通貨ヘッジファンドに億万長者「スティーブン・コーエン」が投資

仮想通貨ヘッジファンドに億万長者「スティーブン・コーエン」が投資

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

ジョン・マカフィーが仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」を発表

coincheckが海外送金サービス停止

coincheckが海外送金サービス停止

ブロックチェーン先進国へ!リトアニアの挑戦「我々は負けるつもりはない」

ブロックチェーン先進国へ!リトアニアの挑戦「我々は負けるつもりはない」

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

KuCoin(クーコイン)が日本向けサービスの終了を発表

KuCoin(クーコイン)が日本向けサービスの終了を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す