今日のビットコインチャート2017年2月11日

by BITTIMES

今日のレート

始値 110,950円
高値 114,999円
安値 110,801円

相場考察

本日のビットコイン円相場は、先日の中国人民銀行関連のニュースは意に介さないといっていいほど強気に触れて来ている。
現在も高値は更新し続けており、いまこの記事を書いている段階で114,999円の高値をつけており、まだまだ上がる空気を出している。
対ドルではまたもや 1000ドルを突破し、取引量は円がトップの 105億円、ドルが 50億円強と市場の空気も悪くない。
過去 24時間の全世界の取引量 202億円と非常に大きなものになっている。
よほど悪いニュースが飛び込んでこない限りビットコイン市場はそれを受け止めるだけの力を蓄えて来ていると考えても良い時期なのかもしれない。
また最近、ビットコインと同じように市場が活発になっている投資対象物があったので追記したい。
それは「金」と「プラチナ」である。
金はこの 1ヶ月ほどで 105%、プラチナは 110%に価格を上げている。
これはドルなどの通貨市場の不安からより安定した金やプラチナに資金が移行した際に巻き起こる現状である。
「ビットコイン」「金」「プラチナ」が安定した投資対象物として同じような目線で見られているのは非常に面白い現象である。
ビットコイン開発者が意図したとはいえ、奇しくも、総量 2100万BTCのビットコインと総量 21万トンの金が同じ投資対象物としていま、注目されているのが非常に面白く感じるのは私だけだろうか。
引き続きバットニュースには注意して相場を見守りたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

米国のトランプ大統領が仮想通貨ペトロの購入を禁止

仮想通貨のレンタルで稼ぐ|GMOコインの「貸仮想通貨」とは?

仮想通貨のレンタルで稼ぐ|GMOコインの「貸仮想通貨」とは?

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

カルダノロードマップのアップデート内容|2018年4月

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

SBIグループも参加しているR3コンソーシアムとは?

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す