今日のビットコインチャート2017年3月30日

by BITTIMES

今日のレート

始値 117,304円
高値 117,694円
安値 115,148円

相場考察

117,000円を上下し続けた今日の相場は、大きく価格が崩れる場面も上昇する場面も見えなかった。
価格・取引量共に落ち着いており、取引量に関しては 200億円を切っている。
仮想通貨法案の施行まで後 2日を切ったが、今のところ好影響が出る兆しは見えていないので、このまま価格への影響が当日まで見られない可能性が高い。
あとは当日の報道のされ方次第で、新参入者の増加・注目度の高さで価格上昇へと繋がるかどうかを見守った方が良いだろう。
また 29日に経産省が「ブロックチェーン技術を活用した業務システムの評価軸ver1.0」というレポートを公開している。
このレポートは「ブロックチェーン技術の採点方法」をまとめたものであり「品質」・「保守・運用」・「コスト」の三点から評価をする。
経産省は
「 ブロックチェーン技術は、従来システムに比べ、『改ざんが極めて困難』であり、『実質ゼロ・ダウンタイム』のシステムを『安価』に構築可能であるという特性から、幅広い分野への応用が期待されている。」
「 一方、当該技術の特性を正しく評価し、既存のシステムとの比較を可能とする基準等が整備されていない状況そのため、当該技術に対する不安感や過度な期待や誤解が生じ、結果として適切な導入が進まない恐れもある」
とブロックチェーンに対して「高い期待度」を持ち一方で、「課題」もあると話している。
今後は「ブロックチェーン技術を活用したシステムの評価軸検討委員会」で継続的な議論・研究を進めていくようだ。
今回のように政府がブロックチェーンや暗号通貨に深く関心を見せるのは良い傾向であるが、現在の相場に好影響が出ていないということは、具体的な成果が形となって出るのはもうしばらく先のようだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月22日〜28日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月22日〜28日

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

リップル(Ripple/XRP)×スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)|イベント情報

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

フィリピン政府ブロックチェーン認可へ | アジアのシリコンバレーに大きく前進

2nd Airdrop開催中!|D-ZONE COIN(DZC)を使った決済システムDream-Pay

2nd Airdrop開催中!|D-ZONE COIN(DZC)を使った決済システムDream-Pay

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す