イーサリアムチャート2017年3月27日〜4月2日

by BITTIMES   

今週のレート

始値  5,576円
最高値 5,984円
最安値 5,292円

相場考察

今週のイーサリアム価格は 5,600円前後を推移している。先週にもお話したが現在の市場は安定へと向かっている。
ただし、市場は 6,000円を中期的な天井と判断してように見える。また現在の価格は高値圏と捉えることも可能なので、下落の兆しには注意しておいた方が良いだろう。
ここからゆっくりと価格上昇が起き、天井をスムーズに越えていくのが理想的な相場の伸び方になるのだが、どう動くのかはやはり誰にもわからない。
価格がもう一段上昇するには、巨大資本・企業の参入報道が広がるなど、市場を後押しする要素が必要になる。

シリコンバレー・シーズン4にイーサリアムが!

テック系海外ドラマ「シリコンバレー」最新作の予告動画にイーサリアムの文字が出たことで、アメリカのイーサリアムユーザーの話題を呼んでいる。
下記の動画 0:35 地点のパワーポイント「 phase IV 」の最下段「 Ethereum-type compute 」と表記されている。
https://youtu.be/mydFes629og
どうやらファンの間では、シリコンバレー・シーズン4はブロックチェーン技術開発に関係する内容になっているのではないかという憶測が飛び交っている。
これは 1ユーザーとして公開が楽しみになドラマだ。

モバイル・イーサリアム開発へ

イーサリム財団が 2016年3月に企業向けのプロダクションプラットフォームを公開して早 1年。
すでにイーサリアムブロックチェーンを使用したシステムは、マイクロソフトなどの企業、大手銀行など各業界の企業参入が止まらず新規サービスの開発が猛烈なスピードで進んでいる。
→「イーサリアムの高騰はエンタープライズ・イーサリアムが原因
→「イーサリアムが少額の不動産投資を可能にした
更に先日、財団のソフトウェア開発者であるハドソン・ジェイムソン氏は、「 2017年6月から9月にイーサリアムの新しいビジネスプラットフォークがリリースされる。」と公表した。
リリース予定のプラットフォームの名前は「 Metropolis(メトロポリス)」と命名されている。
Metropolis を導入する目的は「モバイルイーサリアム」の完成であり、スマートフォンに対応するプラットフォーム開発を急いでいる。
このプラットフォームが開発された時には、iPhoneユーザーと Androidユーザーがブロックチェーンソフトウェアをダウンロードしなくても、情報に気軽にアクセスできるようになる。
現在は「スマートな契約をより安全にする方法についての暗号研究を行なっている段階だ」とジェイムソン氏は語っている。
今回の公式発表で、今年の夏にはイーサリアム価格がもう一段上がる可能性が非常に高くなった、ユーザーは引き続き財団からのオフィシャル情報に注目しておきたい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

Facebook:仮想通貨のプロジェクト詳細「6月後半」正式発表か?ATM設置の可能性も

Facebook:仮想通貨のプロジェクト詳細「6月後半」正式発表か?ATM設置の可能性も

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

ブロックチェーンサービスの「開発効率化パッケージ」を共同販売:電緑×Ginco

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

SBI北尾社長:中国投資協会ブロックチェーン・ビッグデータ委員会の「高級顧問」に就任

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

ブロックチェーンでワインの流通管理「TATTOO Wine Platform」を発表:世界4大会計事務所EY

VISA「国際決済ネットワーク」にブロックチェーン技術活用|銀行間の直接取引を実現

VISA「国際決済ネットワーク」にブロックチェーン技術活用|銀行間の直接取引を実現

仮想通貨関連の法律改正案「正式に成立」2020年から適用される変更内容とは?

仮想通貨関連の法律改正案「正式に成立」2020年から適用される変更内容とは?

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

ビットコイン、FOMO発動ライン「1万ドル」をついに突破|予想される次の動きは?

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

「2020年東京オリンピック」におけるブロックチェーン活用方法を模索:国際検査機関(ITA)

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

ブロックチェーン基盤の「実践型スポーツゲーム」にアドバイザリーサービス提供へ:EMURGO

ブロックチェーン基盤の「実践型スポーツゲーム」にアドバイザリーサービス提供へ:EMURGO

3Dプリンター×ブロックチェーンがもたらす「製造業のデジタル変革」発展の鍵は分散型管理

3Dプリンター×ブロックチェーンがもたらす「製造業のデジタル変革」発展の鍵は分散型管理

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す