今日のビットコインチャート2017年4月5日

by BITTIMES

今日のレート

始値 126,703円
高値 128,664円
安値 126,246円

チャート考察

昨日に引き続き今日の相場も大きな動きは見られず、安定した値動きが続いている。
今日は数日ぶりに円がドルの取引量を超え、85億円でトップに躍り出た。
取引総額は 220億円と少々落ち込み気味、しかし、現在のビットコイン市場は円とドルで 75%を占め、完全な 2強時代になっている。
円がトップに返り咲いた理由は「ビックカメラのビットコイン決済導入」のニュースがやや影響をしているだろう。
やはり大手企業の参入は、ニュースが流れるだけで広く影響を及ぼす。
また、今回の報道は海外のサイトでも公表されており、先の仮想通貨法案の報道と合わせて「日本のビットコイン市場が安定・定着へと動き出した」と注目を集めている。
以前から日本では「市場が大きいにも関わらず、それを使用できるお店、ユーザーの少なさ」が課題として取り上げられているが、このような報道が繰り返されることで徐々に世間に浸透されていくだろう。
今回のビックカメラのニュースは、日本の暗号通貨市場にとって非常に重要な役割があり、更に日本でビットコインのポジティブな報道があれば、その流れが円からドル、ビットコイン市場、暗号通貨全体へと波及し業界全体が底上げされる。
この事実は、今日 1日の暗号通貨全体のチャートをご覧いただければ、その傾向は誰にでもわかっていただけると思う。
以上のことを踏まえれば今、日本のビットコイン市場に対する期待度は世界的に見ても決して小さくないことがご理解いただけると思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

ジョン・マカフィー:ライブ配信でBitfi Walletハッキングの誤解を解く

ジョン・マカフィー:ライブ配信でBitfi Walletハッキングの誤解を解く

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

セキュリティトークン特化型取引所「OKMSX」を開設|マルタ証券取引所とOKExが協力

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

太陽光で仮想通貨マイニング|オーストラリアで年間採掘量「650BTC」の新プロジェクト

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

G20:仮想通貨の将来性・懸念点・今後の基準についての見解を表明

G20:仮想通貨の将来性・懸念点・今後の基準についての見解を表明

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

2018年7月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年7月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月15日〜21日

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す