ビットコインチャート2017年4月17日

by BITTIMES

今日のレート

始値 131,947円
高値 132,500円
安値 131,541円

チャート考察

引き続き相場は安定傾向にあり、上下幅がわずか 1,000円と変動率が 1%以下という状態である。取引量も 100億円ほどとおとなしい。
先日からビットコイン価格の底上げには Segwit の導入が必要だとお話し続けているが、(こちらも何度もお話ししているが Segwit の導入は改善のために必要であって必須では無い)
ビットコインが Segwit を導入するためにはまだまだ業界全体の後押しが必要な状態である。
しかし、相変わらず開発者側、マイナー側の政治的な問題で大きな改革には踏み切れていない。
現在考えられる最良のシナリオは、徐々にマイナー側が Segwit を導入し、ユーザー側でも UASF にて Segwit のサポートを行うことで支持率を双方から上げていくことだろう。
マイニングランキング上位大手のマイナー企業の数社はすでに Segwit でのマイニングをスタートしており、 ビットコイン以外ではあるが、Antpool もライトコインで Segwit によるマイニングを開始した。
また、monacoin ではすでに導入が導入され、ライトコインも Antpool と F2Pool の参加で有効か間近となってきた。
内部要因と外部要因から、徐々にビットコインでも Segwit 有効化の可能性が高まっていることは間違いない。
あとはそれが「いつ」なのか?である。
有効になればビットコイン価格に大きく影響を与えることはほぼ間違いないと見ているので、まだまだ Segwit 導入の動きも見逃せない日々が続きそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

真のビットコインはどちらか?|元ゴールドマンサックス関係者の見解

真のビットコインはどちらか?|元ゴールドマンサックス関係者の見解

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

三菱UFJなどがリップルの国際送金を実証実験|今月中に開始

SIRIN LABSの今後の計画は?|日本初のQ&Aライブまとめ

SIRIN LABSの今後の計画は?|日本初のQ&Aライブまとめ

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年4月

リップル(Ripple/XRP)のニュース・話題まとめ|2018年4月

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す