ビットコインチャート2017年4月23日

by BITTIMES

今日のレート

始値 136,357円
高値 137,983円
安値 136,357円

チャート考察

先日の急落急上昇を経て、今の相場の力強さを証明したビットコイン市場は高値圏のまま安定した推移をしている。
安定しているとはいえ取引額は 220億円を超えており、価格の裏では市場が大きく動いている。
更にこの 1週間で市場が大きく動くニュースが飛び交ってきた。
その話題の中心にあるのは取引所である Poloniex の 17の暗号通貨の取引中止である。
取引所 Poloniex は 5月2日には 17種の暗号通貨( Boolberry、VoxelsBitstar、Coin 2.1、CureCoin、Horizon、I/O Coin、Myriad、NobleCoin、NuShares、Qibuck、Qora、Quatloo、Rubycoin、ShadowCash、SuperNET、Magi)の取引を中止することを発表した。
それぞれの通貨自体の市場規模は小さいが、この報道の影響力は大きく、報道があった 4月19日の翌日の Poloniex のビットコイン価格は 1378ドル( 150,000円 )まで達した。
これは「その他の暗号通貨」→「ビットコイン」への資金の流入が集中するため、価格がその取引所だけでは値上げあるためだ。
この突然の発表にユーザー、関係者からは講義が集中している。(派生してその他の通貨価格にまで影響が広がるため)
ちなみに現段階で Poloniex からの取引中止の明確な回答は出ていない。
先日の Bitfinex や OKCoin の騒動の時もそうだったが、一つの取引所のニュースでも十分に市場価格に影響が出る可能性がある。
トレーダーにとってはこのようなタイミングが最も利益を出すタイミングであり、これからの 1週間は相場とお見合いをし続ける日々が続きそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

実業家キム・ドットコム「仮想通貨と金を買え」ドル円爆発を警告

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

成人向け雑誌「PLAYBOY」仮想通貨決済の導入は延期?提携企業を訴訟

「仮想通貨関連の調査で金融庁に圧力」疑惑の真相|野田聖子総務相

「仮想通貨関連の調査で金融庁に圧力」疑惑の真相|野田聖子総務相

コスタリカ:仮想通貨は「準紙幣」給与の一部支払いが可能に

コスタリカ:仮想通貨は「準紙幣」給与の一部支払いが可能に

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

BINANCEが被災地へ5,000万円相当の寄付を正式発表|西日本豪雨災害

「ビットコインは金・ライトコインは銀・リップルはダイヤモンド」Charlie Lee

「ビットコインは金・ライトコインは銀・リップルはダイヤモンド」Charlie Lee

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

Steve Wozniak:仮想通貨とブロックチェーンの未来を語る|米暗号サミット登壇決定

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

ブロックチェーン美容プラットフォーム「COSMOCHAIN」に大規模投資|韓国カカオ

ブロックチェーン美容プラットフォーム「COSMOCHAIN」に大規模投資|韓国カカオ

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

ロバート・キヨサキ「仮想通貨は国民のお金」史上最大の暴落が起こる金融市場の未来

ロバート・キヨサキ「仮想通貨は国民のお金」史上最大の暴落が起こる金融市場の未来

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す