イーサリアムチャート2017年4月17日〜4月23日

by BITTIMES   

今週のレート

始値  5,406円
最高値 5,577円
最安値 5,246円

相場考察

イーサリアム価格はこの 1週間で変動率を7%以下に抑え、 19日に大きく下落した瞬間はあるものの価格を戻し、高値をキープしたまま推移している。
突然の下落の原因は複数の取引所にてビットコインへの流入が大量に起きたためであると考えられている。
複数の取引所で行われたとはいえ、ビットコインというたった 1つの要因で価格が大きく変動したということは、全く別の可能性があることを意味する。
この一瞬の現象を引き起こすには、大量のイーサリアムを保有している大投資家が一度に売りに出す必要があり、恐らくは彼らがトレードによる利益を獲得するために今回の現象を引き起こした可能性が高い。
圧倒的な大投資家が市場に存在し、かつ市場規模がそこまで大きくない暗号通貨はしばしばこのような使われ方をされる。
また、高値での安定は「それ以上価格が上がりにくい」という問題も同時に発生させている。
現在のイーサリアム価格の天井は、5500円前後にある状態にあり、どれだけ順調な上昇を見せていてもこの価格に近づくにつれ強制的に「売り」が入り下落に流れてしまう。
「いつ天井を突破するのか?」
この問いはイーサリアム市場の今後の課題である。

Ethereumデビットカード発売決定


Ethereum を使用したデビットカード「 TokenCard VISA debit cards(トークンカード・ビザ・デビットカード)」がのクラウドセールが、いよいよ 5月2日から始まる。
TokenCard が優れている点は、カード決済料金が発生しないことである。普通のカード支払いでは、必ず決済手数料が発生するが TokenCard にはそれがない。
更に VISA 加盟店であればどこでも使用でき利便性も高い。
またこのカードの面白い部分は、Ethereum のスマートコントラクトを十二分にしようし、カード使用者が自身の預金管理を行いやすいよう、専用アプリで管理ができるようになっている。
TokenCard VISA debit cards は預金管理だけでなく、マルチ投資機能も備わっており、モバイルバンキングとして確固たるブランドを構築していく予定だ。

止めることのできない企業経営プラットフォームAragon


イーサリアム・ブロックチェーンを使用したビジネスプラットフォームは、毎週のように新しく革新的なものがリリースされているが、今週は国や地方自治を超えた企業経営プラットフォーム「 Aragon(アラゴン)」がリリースされた。
Aragon は企業がより良い製品・サービスを効率的に生み出すビジネス環境の提供を目的としている。
従来の企業では、より良い製品を大量に生み出そうとする段階で経営を維持するために大量の人材が必要となる。
この段階になると商品・サービス以外のコストが増大し、商品開発の効率は徐々に下がってくる。
Aragon ではこうした問題を解決するために、企業経営に必要な要素(優秀な人材の確保・ガバナンス・資金調達・会計・株式取引・仲介業者の排除など)を効率よく行えるビジネスプラットフォームとして運営していく見通しだ。
「分散化された組織は、集中化された組織よりも効率的になる」
これが Aragon が掲げているビジョンである。
このプラットフォームが広がれば、ここに参加する企業は低価格で優れた商品・サービスをより多く市場に提供できるようになる。
Aragon の初回トークンの販売は 5月2日から予定されており、資金調達を成功させることで一気に市場参入を加速させる見通しだ。
5月に入ってからのイーサリアム価格がどのように動くのか、注目が集まっている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

パレット:PLTウォレットへのステーキング機能追加「9月14日」を予定

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

Liquid by QUOINE「暗号資産流出事件の詳細」を発表|被害総額は100億円以上に

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

ビットコイン価格、過去最高値突破すれば「放物線状の動き」で10万ドルになる可能性:PrimeXBTアナリスト Kim Chua氏

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

NFTStudio:LINE Blockchainプラットフォーム採用した「NFT発行サービス」を開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

SBI:国内初の仮想通貨ファンド「2021年11月」に立ち上げか=ブルームバーグ報道

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す