ビットコインチャート2017年4月25日

by BITTIMES

今日のレート

始値 138,463円
高値 140,491円
安値 138,168円

チャート考察

今日の価格はついに大台の 140,000円に戻ってきた。
この高値に入って来るのは 1ヶ月以上ぶりだが、状況から前回の高値よりもかなり良い上昇の仕方をしている。
3月の高値は 135,000円からわずか 2日ほどで 145,000円台に突入、その後急激な下落と上昇を繰り返していた。
しかし、今回の値上がりの仕方に関してはおよそ 20日かけてゆっくりと上昇し変動率も小さいままでこの大台に入ってきている。
更に、4月17日から続いている bitfinex のドルでの取引禁止により、依然として同取引所内のみで「買い」が増加し続け、現在は 1365ドル(約 150,678円)と相場の価格よりも 1万円高い状態まで高騰している。
ここまで高騰するとbitfinex 内にドルで資産を置いているトレーダーは、ビットコインに両替して資産を逃がしたいが、高値すぎて変えるに変えない状態が続いている。
1つの取引所内で、全く別の市場原理が生まれている状態だ。
この状態が続く期間だけ当然価格の下支えになる。
bitfinex 内での取引額は、今日1日でドル市場の 16.5%(約 9億円)となっており、取引所内に入金されているドルの量によっては、この状況は長期化する可能性もある。
上記の 2点からも現在のビットコインの高値は、前回よりも長期間続く、状況によっては天井である 150,000円を超えるポテンシャルも秘めている。
しかし、このような騒動が起きれば起きるほど、いかに銀行が通常通貨の市場を独占しているのか、ビットコインなどの暗号通貨がいかに自由な通貨なのかがはっきりと分かる。
今回の騒動を詳しく知りたい方はこちら
→「 bitfinex でドルの入出金ができなくなった理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

米投資家ティム・ドレイパー:仮想通貨ラップ「BITCOIN HUSTLE」をリリース

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

SAMSUNG:バルト諸国の5店舗で仮想通貨決済を導入

CARDANO(ADA)1.3へのアップデート迫る|改善率300%でさらに高速化

CARDANO(ADA)1.3へのアップデート迫る|改善率300%でさらに高速化

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

ブロックチェーン技術は建設業界にも|設計図などの機密データを管理

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

全米最強の投資家ビル・ミラー「アルトコインのほとんどは無価値である」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す