ビットコインチャート2017年4月26日

by BITTIMES

今日のレート

始値 140,185円
高値 143,879円
安値 140,140円

チャート考察

今日の相場は一時は 145,000円にトライする場面を見せるなど、しばらくぶりに見るかなりの強気市場になった。
強気の原因としては、OKCoin の価格の戻りと、先日から続く bitfinex 内のみでの高値継続から円・ドルへの飛び火といったところだろうか。
bitfinex での単独高値は今なお継続しており、「買い」は同取引所が下支えをしている状態だ。
更にビットコイン高値の影響を受けて、その他の暗号通貨も軒並み上昇中、現在暗号通貨市場全体が高値圏に入っている。
元々、最近の暗号通貨市場は高値の傾向があったが、今回のビット高値で更に勢いがついている様子。
EthereumLisk は過去最高額にトライする様子も見せており、Ethereum Classic に関して言えば過去最高額の記録を伸ばし続けている。
すでに暗号通貨市場は、過去 1年間で平均 2倍の価格上昇が確認されており、今が最も投資が集中している時期になっている。
その証拠に圧倒的に大きかったビットコインの市場規模は、暗号通貨市場全体の比率で考えれば 20%ほど減少している。
しかしこれは、ビットコイン市場が縮小したわけではない。むしろ、ビット市場も拡大し続けているが、それ以上にその他の暗号通貨の上昇率が高いのが理由だ。
総取引額も 200億円を超え現段階で「買い」が優勢であることを考えると、ビットコイン価格に引っ張られた市場全体の上昇トレンドの行方は「どこまで bitfinex 内の高値が続くのか?」が 1つの指標になるだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

浮動島の建設を目指す仮想通貨プロジェクト|Varyon(VAR)

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

Facebookが独自の仮想通貨を発行?|ICOの予定は

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

Bitcoin to the Moon|宇宙で行うビットコインマイニングとは?

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

イスラエルの仮想通貨事情|最大の敵は銀行だった

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す