ビットコインチャート2017年4月29日

by BITTIMES

今日のレート

始値 148,143円
高値 149,237円
安値 146,109円

チャート考察

昨日に引き続き150,000円にトライした市場だが壁は厚く、今日も届くことはなかったが、依然として市場最高額の高値圏にいる。
ドルの入出金禁止というネガティブな状況から、今回の高値の立役者になった Bitfinex だが、相変わらず取引所内だけの高値が続いている。
同取引所内でのビットコイン価格は 1418ドル(約 158,135円)とまだまだ市場価格と開きがある状態だ。
この Bitfinex 内の高値は今回のビットコインの上昇トレンドの 1つの指標になっており、市場価格との乖離が続く限りビットコイン価格の下支えを担う役割になるだろう。
本日ビットコインの時価総額は 2兆4000億円を突破し、市場最高レベルの水準に達している。
また、勢いに乗っているその他の暗号通貨の時価総額も軒並み市場最高額の時価総額を叩き出している。
以下、coincheck 内で取引できる暗号通貨の時価総額とレート
【 coin market cap / price 】
・Ethereum 7100億円 / 7,869円
・Ether Classic 550億円 / 599円
・Lisk 63億円 / 58円
・Factom 79億円 / 913円
・Monero 364億円 / 2,558円
・Augur 190億円 / 1,817円
・Ripple 2180億円 / 5.8円
・Zcash 120億円 / 10,159円
・NEM 492億円 / 5.5円
・Litecoin 869億円 / 1716円
・DASH 753億円 / 10,582円
現在複数の通貨で過去最高額が出ており、軒並み市場価値が倍増している。
今回全ての価格上昇は、通貨そのものの機能性が上がったなどの要因ではなく、純粋なトレードのみでの価格上昇であり、市場への資金流入から生まれている。
当然、流入資金の量に比例してビットコインが天井を突破する可能性は高まってくる。後はポジティブニュース次第といったところだろうか、
現在、天井を超える可能性を秘めている報道は、「 Segwit (もしくは UASF )の導入」「ビットコインETFの承認」「政治派閥問題の解決(UASF導入)」などがある。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

仮想通貨取引所OKExのCEOが辞任|取引量は世界一を記録

Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

Huobi Token(HT)の価格上昇が続く|期待が高まる理由とは?

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

世界初!匿名通貨Zcash公認取引所がニューヨークに誕生

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

中国の421種類の詐欺コインにみられた共通の特徴とは?

中国の421種類の詐欺コインにみられた共通の特徴とは?

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

Coincheck(コインチェック)匿名通貨の取り扱い廃止を発表

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

ナスダックCEOは仮想通貨取引所への参入も検討

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す