ビットコインチャート2017年4月30日

by BITTIMES

今日のレート

始値 147,417円
高値 148,810円
安値 147,000円

チャート考察

継続し続ける高値圏は、本日も下落する気配なく力強い足取り、すでにドル市場では 1BTC=1,300ドルを突破し、取引所によっては 1,350ドルを超えている。( Bitfinex は除く)
ドル市場では長期的な天井である 1,300ドルを突破したことで次の天井である 1,500ドルに注目が集まっている。
今回の上昇に関して最大 100倍のレバレッジ設定ができる BitMEX の同設立者兼最高経営責任者である Arthur Hayes(アーサー・ヘイズ氏)は「 2,000ドルが妥当な目標になる可能性がある。」と発言した。
多くのアナリストは、トレーダーの利益確定により、1,500ドル付近で今回の上昇トレンドは停止すると予想している。
また、この上昇トレンドによってトレード可能な各取引所では、“ビットコイン・トレードの判断基準”を打ち出した。
Crypto Asset Management(クリプト・アセット・マネージメント)の会長 Tim Enneking(ティム・エネキング氏)は、
「ビットコインは新しい資産クラスとして記述されていますが、不換通貨に適用されるのと同じルールが適用される。経済のすべての法律は、完全に暗号化された通貨に適用される。すべての基本分析の出発点は価格を左右する需要と供給でなければならない。」
ビットコイン相場に通常相場の原理原則が通用すると同氏は述べた。
ビットコイン相場の注目度は価格に比例して高まり続けている。
現在の相場( FX )から常勝トレーダーが生まれたように近い将来、ビットコイン相場でもトレード理論が確立し、トレーダー人口の増加とそれに伴い、今の数十倍の量の取引が毎日当たり前のように行われる日もそう遠く無いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

イーサリアムは次のApple(アップル)になるかもしれない|Steve Wozniak

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

ビットコインキャッシュが選ばれる理由|ビットコインとの違い

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

LG子会社が独自のブロックチェーン「Monachain(モナチェーン)」を発表

TwitterのCEO「仮想通貨は未来の決済手段」

TwitterのCEO「仮想通貨は未来の決済手段」

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月15日〜21日

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す