ビットコインチャート2017年5月1日

by BITTIMES

今日のレート

始値 148,489円
高値 153,988円
安値 148,209円

チャート考察

今日の相場に言葉を付け加える必要はないだろう。
仮想通貨法案の施行からちょうど 1ヶ月。
日に日に高まり続けて迎えた今日、ついにビットコイン価格は天井と思われていた 150,000円を超え、更に勢い止まらず 155,000円にトライする場面も見えた。
今回の天井突破が以前の状況とはまるで違うことは、ある程度ビットコインを見守ってきた人は感づいていると思う。
ビットコインがここまでの高値に達したのは今回で 3度目。
1月に起きた年末の人民元の駆け込み投資をキッカケとした急上昇による記録達成と、3月の安定した足取りからの高値記録、そして今回である。
1度目の高値は中国が市場の 90%の取引を占めていた事と、ビットコインを使用した投資商品に資金が集中しことで起きた。
当時のビットコイン価格は、中国市場におんぶに抱っこという危険な状況。当然、中国当局の規制によって価格は急落した。
3月の価格上昇は円とドルから投資を少しずつ積み重ね、ゆっくりと上昇させたことで達成ができた。
しかし、ビットコインETF の否認をキッカケに、その他暗号通貨への資金流入などが起きたことでまたも価格を下げた。
過去の 2度の急登と比べて、今回の価格上昇は 2つの価格の下支えが存在する。
1つ目は、「ビットコインを取り巻く環境」である。
今月の仮想通貨法案にて「国が認めた優良な投資対象」として注目を集めているビットコインは、以前のマウントゴックス事件のような世間に流れていたネガティブなきな臭さは抜けた印象だ。
2つ目が「暗号通貨業界の人口増加だ。」
その他の暗号通貨の時価総額も一気に増加し、暗号通貨業界人口も爆発的に増えている。
ビットコイン以外の暗号通貨への資金流入が大きいということは、それだけ価格の下支えをすることができ、価格はより安定と下落時のカバーができるということである。
以前よりも更に強くなったビットコイン市場は、今後も下落と強化による上昇を繰り返していくのだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

「証券コンソーシアム」がさらに拡大し全35社に|SBI Ripple Asia

NoFakeCoin(NFC)がSingularXに上場

NoFakeCoin(NFC)がSingularXに上場

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

RippleがHyperledger Projectに参加

RippleがHyperledger Projectに参加

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

Googleは独自のブロックチェーン技術を開発している?

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がHuobi(フオビ)に上場

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す