ビットコインチャート2017年5月2日

by BITTIMES

今日のレート

始値 157,000円
高値 168,445円
安値 156,900円

チャート考察

本日のビットコイン相場は先日の 150,000円の天井突破からわずか 24時間で 168,000円まで価格を引き上げ、過去最高額を記録した。
また、今日 1日での取引総額は 700億円を超え、こちらも合わせて過去最高の取引額になっていることからも、今の相場は激しい上昇トレンドに乗っていると判断して良いだろう。
現在のビットコイン価格は依然として高値にあり、170,000円にトライしている状態だがどう転ぶのかはまだまだ分からないが、ここにきて足取りの強さから突破する可能性は十分にあるが、少々危険な動きもある。
それは、その他の暗号通貨は軒並み高い下落率を見せていることだ。
下落率を見る限り、その他の暗号通貨からビットコインに資金が集中していることは間違いない。
しかし、ここで高い下落率を見せている暗号通貨へ、再度ビットコインからの流入が入り、上昇に乗った勢いで資金が集中し出せば、価格は大きく下落する可能性がある。
過去最高の高値にいることからも、短期的なスパンで考えれば多少のリスクヘッジが必要な段階に入っていると判断した方が良いだろう。
今回のビットコインの上昇トレンドに関して、世界 3位のマイナー企業である Bitfuryグループの執行副会長の George Kikvadze(ジョージ・キクヴァッズ氏)は ツイッターで以下のように語っている。


要約 「日本の新しい法案と投資家が押し上げるのは 1500ドル(約 168,350円)十分にテストされたものを稼働させれば、Segwit はリスクなく簡単に 5,000ドル(約 561,167円)になる。」
実はここ1〜2週間で Segeit が軌道する確率が高まってきている。理由としては Litecoin の Segwit が完全に起動したためだ。
このままビットコインの Segwit も完全に起動すれば George Kikvadze氏の 1BTC=5,000ドルの予想も近い将来現実のものになるかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

フランスの財務大臣がICO規則の策定を発表

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)とは?

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)とは?

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ネム(NEM/XEM)の高騰に期待が集まる理由

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す