イーサリアムチャート2017年5月1日〜5月7日

by BITTIMES   

今週のレート

始値  8,017円
最高値 11,082円
最安値 8,017円

チャート考察

今週のイーサリアム価格は、先週の天井突破の勢いそのまま、ついに 10,000円の大台に価格を乗せた。
1週間の上昇率は 30%近くになっており、10日足らずで 100%を超える。過去 1年間で計算すれば 1,000%を超えるほどの急成長ぶりである。
今回の価格上昇でイーサリアムの時価総額は 1兆円を超え、ビットコインに続く巨大市場に変貌を遂げた。

イーサリアムETF

今週のイーサリアム急上昇のキッカケを作ったのは、紛れもなく「イーサリアムETF承認の可能性が高まった」という報道だろう。
この報道で大口の投資資金が集まり、一気に価格と時価総額を上昇させたのである。
現在、米国証券取引委員会(以下、SEC)は、イーサリアムETFである「 Etherindex Ether Trust(イーサインデックス・イーサ・トラスト、以下、EET)」の審査が段階的に進みつつある。
Etherindex社が SEC に申請した EET は、NYSE Arca(ニューヨーク・ストック・エクスチェンジ・アーカ)への上場が目的である。
※ NYSE Arca は、NYSEアーカ取引所とも呼ばれている。株式の電子取引所のことであり、NYSEやNasdaq の銘柄を含む 8,000銘柄のデジタル取引を行なっている。

SECがイーサリアムETFを認めた場合

SEC は、イーサリアムETF の審査を進めることが可能と判断し、現在はリスクに関するコメントを Etherindex社に求めている。
もしも、ビットコインよりも早くイーサリアムETFが承認されれば、一気に市場規模、時価総額が逆転する可能性もある。
また、今回の大口投資家の集中投資に関して言えば、「イーサリアムETFが承認されることが分かっている」かのような動きにも見える。
巨大な投資企業には独自の情報網があり、彼らがその情報を入手してイーサリアムの大量投資を行なった可能性もある。
どちらにしても、イーサリアムホルダーの利益確定タイミングが幾度となく訪れたにもかかわらず、(実際に短期間で、大きな売りが入っている)
イーサリアム価格は上がり続けている。それだけ資金の注入が大きかったということである。
ETF が承認された場合、上昇の変動率は今回とは比べ物にならない。
ビットコインETFと合わせて、今後も見守り続ける話題と言って良いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

米格付け大手ムーディーズ「暗号資産アナリスト」の求人募集

MicroStrategy「ビットコイン約200億円相当」を追加購入

MicroStrategy「ビットコイン約200億円相当」を追加購入

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

イタリア・セリエA:仮想通貨関連企業「Crypto.com」との提携関係を強化

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

コインチェック「IOST保有者に対するDONエアドロップ」への対応方針を発表

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:NFT・現金・ギフト券がもらえる「6つの記念キャンペーン」開始

米ミズーリ州クールバレー市長「全世帯へビットコイン配布」を計画

米ミズーリ州クールバレー市長「全世帯へビットコイン配布」を計画

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

暗号資産取次所SEBC「Cardano(ADA)」と「Symbol(XYM)」取り扱いへ

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

パルマ・カルチョ1913:NFTマーケットプレイス運営の「Gravity Sport」と提携

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

米Coinbase:元Facebook幹部が「最高マーケティング責任者」に就任

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す