ビットコインチャート2017年5月10日「日本だけのプレミア価格」

by BITTIMES

今日のレート

始値 209,349円
高値 217,401円
安値 206,800円

チャート考察

本日のビットコイン価格は高値が 217,401円、現在も215,000円前後で推移していることを考えるとかなり高値圏にいると理解できる。
先日のコインチェックで起きた問題もさほど対円市場には影響が少なく見え、日本におけるビットコイン市場は好調に見えるが、ここにきて少し気になる問題が起きてきた。
日本市場とその他の市場との価格の乖離である。
今、この文章を書いている時点での円価格は 216,504円だが、アメリカでは現在 1742ドルである。
リアルタイムのドル円価格は 1ドル=113.817円なので、単純計算で 198,269円。つまり 7,000円以上の差が生まれている。つまり、
「日本だけでビットコインの高騰が起きている」状態なのである。
価格の差が生まれてしまうのは先の Bitfinex でも起きたように、暗号通貨を取り扱う取引所で起こる独特の現象だが、正直ここまでの差が生まれてしまうのは危険である。
また、今日のビットコイン取引量ランキングは、数週間ぶりにドルがトップに躍り出ている。かといって、ドル市場の取引量が増加したのかといえば、そうではない。
今日の市場の全取引量は 600億円ほどとそこまで高い数値ではなく、ドルの取引量も 200億円ほどと多くはない。
以上の数値からわかることは「円での取引は落ち着いているが、高値が付いている」状態だということである。
この状態は少々危険であり、今高騰の勢いに乗り買い増しを行なっている人は注意した方が良いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

BITMAINが噂のASICマイナー発表|イーサリアム側は?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す