ビットコインチャート2017年5月13日「4度目のミニバブルの終わり」

by BITTIMES   

今日のレート

始値 211,511円
高値 213,359円
安値 187,000円

チャート考察

いよいよトレンドが過ぎ去った兆候が相場に現れてきた。
本日の安値は一時的とはいえ、およそ 1ヶ月ぶりに 180,000円台まで下落した。
高い変動率の影響で現在は価格を 200,000円台まで戻しているが、これはポジティブ要素や期待度で上昇したというよりは、価格の変動率から利益を短期的に得る短期トレードによって一時的に「買い」が入り戻したに過ぎず、決して楽観視できる状態では無い。
ただ、長期的視点に見れば今回の上昇トレンドは「短期的に上がり過ぎた」ことには変わりなく、その反動といえば当然のことである。
この「価格の上下運動」に関しては、アメリカでウォレットサービスを展開する Breadwallet(ブレッド・ウォレット)が新しいレポートを出している。
このレポートでは、

「ビットコインは過去に 3回の”ミニバブル”を引き起こしており、その度に多くの人が“ビットコインは失敗だ”と話していた。」

と語られている。また価格に関しては、

「最初のバブルは約 30ドルでピークに達し、3ドルにまで下がった。2番目のバブルは 260ドルに上昇し、前のバブルのピークの 2倍以上の 70ドルに戻った。3番目のバブルは 1,200ドルまで上昇し、劇的なクラッシュが発生して170ドルにまで下がった。価格はすぐに 260ドル、前回のバブルのピークと同じ価格まで戻り、ビットコインは今日の価格まで成長し続けました。」

とミニバブルにおける「上昇と下落」その後に起きる「次のバブル」が存在することを示唆している。
Breadwallet はこのようなミニバブルが 1BTC=10,000ドル(約 113万円)まで繰り返されると話している。
そして近々、下落が起きる可能性が高く、それと同時に下落に伴う混乱に巻き込まれないように準備をするよう促している。
さて、今回のビットコイン下落から流れた資金だが、その他の暗号通貨の変動率を見るとリップルに集中しているようだ。
先日の下落があったにも関わらず、日本のリップル人気は根強く、大手銀行の参入がリップルの信用と価格の下支えになっている印象。
どちらにせよ現在の暗号通貨全体の価格は全て高値圏にあり悲観する段階にはない。
ビットコインとその他の暗号通貨間で資金のやり取りを行いながら、市場全体の資金が底上げされていることを考えれば、今後下落が起きたとしてもその他の暗号通貨に流れる可能性が高い。
ただし、短期トレードを仕掛けるのはしばらくは待っておいた方が賢明だろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

BITMAX(ビットマックス)「暗号資産貸出サービス」提供へ|記念キャンペーンも開催

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

カルダノ財団:元PwCデジタル金融サービス部門責任者「Frederik Gregaard氏」をCEOに任命

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す