ビットコインチャート2017年5月17日 「今日の高騰の真相」

by BITTIMES   

今日のレート

始値 208,099円
高値 221,360円
安値 208,369円

チャート考察

今日の相場は下落の流れから一転して、上昇ムードへ突入。執筆段階では天井だった 220,000円を突破した。
本日の上昇だが、本日ビットコインに関する報道が無いことから「リップル高騰」と「短期的な底値」が絡んだことで今回の上昇が起きている可能性が高い。
リップルはこの 2日で最高高値を更新、一時は 50円を超えるなどとてつもない高騰を見せている。
またビットコインは先日天井を打ったことで、ポジティブな報道がなければテクニカル上下落方向へ進む流れであった。
ここからは先日の「 coincheck騒動」にもつながる話なので、しっかりと読み込んでいただきたい。
まず「リップルの高騰」に押し上げられて、「ビットコインも上昇」するカラクリだが、
coincheck では顧客からリップルの「買い」が入った場合、海外取引所の poloniex から「リップルを購入し、それを顧客に引き渡す」という作業を自動で行なっている。
ただし、poloniex ではビットコインでしかリップルを購入できないため、coincheck は自社内で円→ビットコイン、poloniex へビットコイン→リップルの購入を行う必要がある。
このとき「ビットコインの購入が一瞬だけ行われる。」という部分がポイントになる。
一瞬でもビットコインを行わなければいけないということは、そのとき「現物で売りに出されているビットコイン」を安値から購入しなければならず、
その一瞬でも相場から安い方から順番にビットコインが無くなっていく、そうなると必然的にビットコイン価格が少し上がる。
通常時なら問題はないが、「リップルの高騰スピード」は凄まじく、大量の「リップル購入」が行われ、それに比例してビットコインも高騰していく。
これがリップルに押し上げられてビットコインが高騰するカラクリである。
先日の coincheck騒動の時は、「ビットコインも凄まじい勢いの高騰中」にも関わらず、「リップルの高騰」まで起きてしまったために、現物のビットコインが市場に「無い」という事態に陥った。
ビットコイン保有者が皆「買い」もしくは「保有」に走り、ビットコインが市場に無い状態。
簡単に言えば「ビットコインの品切れ状態」が起きていたということだ。
それによって「リップル購入に必要なビットコインが無い」というシステムエラー、もしくは「冗談のような価格で現物売りに出されているビットコインを購入してリップルを買いに走ろうとした」ため、
coincheckだけで、全ての通貨が異常な価格で高騰していたのでは無いかと考えられる。
この件に関しては後日詳細をレポートしていくが、とりあえずは「リップルの高騰から引き起こされるビットコインの上昇」に関しては頭に入れておいて損は無いと思う。
さて、話を戻すと今回のビットコインの高騰は天井から下落していく段階で「リップルの高騰」が起き、それにより短期的な底値が自然とできてしまったことで巻き起きた「一時的な高騰」の可能性が高い。
このタイミングでポジティブな報道があれば面白いが、現状見受けられないので、下落は継続かと思われる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

IKEA:ブロックチェーン用いた電子マネーによる「世界初の商取引」に成功

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

NASA:ブロックチェーン・仮想通貨関連の「データサイエンティスト」を募集

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

仮想通貨市場「回復」なるか|BTC・XRPなどに上昇傾向【2019年10月7日】

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

スペイン大手旅行代理店「Destinia」仮想通貨決済サービスを拡大

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

イーサリアム公式サイト「日本語版」公開|初心者向けの解説や開発者向けツールを掲載

【令和元年】確定申告の「納期限・振替納付日」を公表:国税庁

【令和元年】確定申告の「納期限・振替納付日」を公表:国税庁

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

イーサリアムは「証券・商品」どちらに該当する?CFTC新会長が個人の見解示す

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

インド最大の自動車メーカー「Tata Motors」ブロックチェーン活用に向け新興企業と協力

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す