イーサリアムチャート2017年6月13日「上昇トレンドの終焉か?」

by BITTIMES   

6月11日のレート

始値 47,234円
高値 45,661円
安値 38,051円

チャート考察

今日の相場を見る限りでは先日から続いた高騰は一旦終了し、相場は落ち着きを取り戻している。
今回の高騰での天井は 47,000円前後に設定されており、短期的には最高値はこのラインだと考えて良いだろう。
また、市場の値動きを見る限りでは底値も 40,000円前後に設定されており、このラインに下落した場合は激しく相場は抵抗を見せていることからも、この 17.5% の変動率の間でしばらくは相場が動いていくと考えられる。
しかし、高騰後の相場ということもあり下落の危険性は常につきまとうため注意は必要だ。
しばらくは 40,000円の底値を判断基準とし、そこから相場が抵抗するのか、下落の流れについていくのかを見てから買いの判断を行った方が無難だと思われる。著者は未だ高値圏でリスクが高いと判断し静観。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

金融庁「仮想通貨関連の投資信託」に慎重姿勢|懸念を示す改正案を公表

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

仮想通貨取引所bitFlyer:不正ログイン検知サービス「FraudAlert」を導入

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

BINANCE:ステーブルコインBUSD市場に「合計6種類」の通貨ペア追加

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

不正ログイン被害者向けに「最大100万円の補償制度」を導入:仮想通貨取引所TAOTAO

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン用いた「遺言スマートコントラクト」作成システムを開発:ZWEISPACE

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

ブロックチェーンとDNA活用した「海洋燃料追跡ソリューション」提供開始:BunkerTrace

ブロックチェーンとDNA活用した「海洋燃料追跡ソリューション」提供開始:BunkerTrace

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す