NoFakeCoin(NFC)がSingularXに上場

by BITTIMES

NoFakeToday(ノーフェイクトゥデイ)で発行されている仮想通貨トークンであるNoFakeCoin(NFC)が、2018年4月15日から分散型取引所SingularXでの取引が開始されていることがわかりました。

偽造防止を目指すプロジェクトであるNoFakeToday(ノーフェイクトゥデイ)が発行する仮想通貨トークン「NoFakeCoin(NFC)」が、 分散型取引所SingularXでの取引を開始したことが、2018年4月15日にMidiumで発表されています。

分散型取引所SingularXは、ノーフェイクトゥデイ(NoFakeToday)のCEOであるLeon Huang氏が自らの手によって構築した取引所です。

現在、SingularXでの取引量は約1000 ETH/日となっています。

発表の中では次ような事も記されています。

私たちNoFakeTodayチームは当面、闇雲な上場よりも、NFCトークンの長期的な価値向上を目指したプロダクトの改善と普及に注力していくことを決定しました。紙上の空論に出資を促すようなプロジェクトとの違いをご理解くださいますよう、ご了承ください。疑問点、ご不明点、またはご不安がある場合、どうぞお気軽にご連絡ください。最善を尽くし、ご回答にあたらせていただきます。

分散型取引所SingularXはこちらです
>>ex.singularx.com

発表されているページはこちら
>>medium.com

NoFakeTodayについての詳しい解説はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

チャールズ・ホスキンソン「ウォールストリートは仮想通貨市場に数十兆ドルを投入する」

メタップスが決済手数料0.95%に挑戦!ウォレットアプリ「pring」

メタップスが決済手数料0.95%に挑戦!ウォレットアプリ「pring」

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

オランダの仮想通貨取引所Blockportが米国市場に参入

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

近い将来ブロックチェーンとAIが起こす金融革命|マルタ銀行家協会議長

日本初!仮想通貨を

日本初!仮想通貨を"差し押さえ"られた駐車金違反の男性

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月1日〜7日

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

発足後2ヶ月で仮想通貨協会の副会長2名が辞任|これまでの経緯と今後の影響は?

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

eToro(イートロ)がカルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)の取り扱いを開始

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

仮想通貨は今後10年で主流の決済手段に|ロンドン公立研究大学が調査

Charles Hoskinsonが語った「CardanoとGoogle提携の真相」

Charles Hoskinsonが語った「CardanoとGoogle提携の真相」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す