シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の最新情報|4月25日

by BITTIMES

仮想通貨シリン(SIRIN LABS Token/SRN)を発行しているSIRIN LABSは、FINNEY™のリブランディングが完了したことをTwitterで発表しました。ここ最近で発表されているSIRIN LABSに関する最新情報などを紹介します。

FINNEY™リブランディング|詳細は近日公開予定

SIRIN LABS JAPANは本日4月25日に、FINNEY™のリブランディングが完了したことをTwitterで発表しました。プロジェクトの詳細は近日公開予定とのことです。

SIRIN LABSが開発を進めている『FINNEYスマートフォン』の予約注文数は、1月末の時点で既に25,000を超えていることが発表されています。
リオネル・メッシ氏の登場するCMの公開も迫っており、着々とプロジェクトが進行しているSIRIN LABSの新たな発表にはさらに注目が集まります。

CNETもYouTubeで紹介

SIRIN LABS特製FINNEY Tシャツプレゼントキャンペーンも実施中

SIRIN LABSは、Telegramの登録者数で1,100人、Twitterのフォロワー数では4,000人を突破しており、これを記念して『SIRIN LABS特製FINNEY Tシャツプレゼントキャンペーン』を実施しています。

このキャンペーンには、4月22日から30日の間に『SIRIN LABS JAPAN』のツイッターアカウントをフォローした上で、キャンペーンツイート(https://goo.gl/5AYUQo)をRTして、専用ページの入力フォームに自身のツイッターアカウントのURLを記入することで応募することができます。

『SIRIN LABS特製Tシャツ』は応募した人の中から抽選で3人の方にプレゼントされるとのことです。

FINNEY™スマートフォンのプレオーダー受付中

SIRIN LABSは『FINNEY™スマートフォン』のプレオーダーを、50SIRIN(デポジット)で受け付けています。

FINNEY™スマートフォンの事前注文を希望する人は、専用ページに次の情報を記入して提出することで予約することができます。

  • 個人情報(氏名、電話番号、Eメールアドレス)
  • 注文情報(予約数、MyEtherWallet address)
  • 課金情報(住所、郵便番号)
  • 出荷情報(住所、郵便番号)

FINNEYスマートフォンの発売日は2018年後半を予定しており、販売価格は約$999とされています。

SRN LABS Token(SRN)で予約注文を行うことで、FINNEY™スマートフォンの合計金額の10%割引を受けることができ、50SRNはFINNEY購入の保証金となりますが、発売までにSRNの価格が上昇し本体購入金額以上に値上がりした場合は余剰金は返金されることになります。

これからCMが公開されることや現在の仮想通貨市場のことを踏まえて考えると実際に値上がりする可能性も考えられるため、現在予約を行うユーザーの楽しみの一つにもなっているようです。

FINNEY™スマートフォンの予約注文はこちらのページからできます。
>>https://sirinlabs.com/preorder.html

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の購入方法

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)は、Bittrex(ビットトレックス)Huobi Pro(フオビ)などで購入することができます。

日本円での購入はできないので、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などをあらかじめ購入する必要があります。

ビットコインなどの仮想通貨を持っていない方は、Zaif(ザイフ)やbitbank(ビットバンク)での購入をおすすめします。

Zaif(ザイフ)の魅力

Zaif(ザイフ)は『マイナス手数料』や『Zaifコイン積立』などが魅力の取引所です。
また不動の人気を誇る、仮想通貨ネム(NEM/XEM)の購入に最適な取引所でもあります。

Zaifで取り扱っている仮想通貨は次の通りです

  • ビットコイン(bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(bitcoin cash/BCH)
  • イーサリアム(ethereum/ETH)
  • モナコイン(monacoin/MONA)
  • ネム(NEM/XEM)
  • 各種トークン8種+COMSA2種

仮想通貨取引所 Zaif の画像マイナス手数料や仮想通貨の積立サービスが魅力の取引所Zaifはこちら

Zaifコイン積立の詳しい解説はこちら

bitbank(ビットバンク)の魅力

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨リップル(Ripple/XRP)の取引量で世界一になった取引所です。

それだけでなく、現在開催中の取引手数料無料キャンペーンや高いセキュリティーを備えていることなどの魅力も備えた取引所でもあります。

ビットバンクで取り扱っている仮想通貨は次の通りです

  • ビットコイン(bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(bitcoin cash/BCH)
  • イーサリアム(ethereum/ETH)
  • リップル(ripple/XRP)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • モナコイン(monacoin/MONA)

仮想通貨取引所 bitbank の画像リップル(XRP)取引量世界一の仮想通貨取引所bitbankはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月22日〜28日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月22日〜28日

SIRIN LABSがブロックチェーンスマートフォンFINNEYのスペックを公開

SIRIN LABSがブロックチェーンスマートフォンFINNEYのスペックを公開

SirinとHuaweiが提携してスマートフォン開発か?

SirinとHuaweiが提携してスマートフォン開発か?

SIRIN LABSの今後の計画は?|日本初のQ&Aライブまとめ

SIRIN LABSの今後の計画は?|日本初のQ&Aライブまとめ

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月6日〜12日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月6日〜12日

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

イーサリアムは絶対に証券ではない|イーサリアム財団共同設立者

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

カルダノ・エイダコイン需要|日本のレーシングチームのスポンサーにも

ノルウェー独自の仮想通貨CBDCとは?|北欧で進むキャッシュレス化

ノルウェー独自の仮想通貨CBDCとは?|北欧で進むキャッシュレス化

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ高騰している?|バーンとは

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す