ビットコイン価格は2028年に1BTC=550万円に

「ビットコイン価格は、2018年に 5,000ドル(約 55万円)に、2028年までには 25,000〜50,000ドル(約 275〜 550万円)になる可能性を潜在的に秘めている。」

と語るのは、Standpoint Research Inc.(スタンドポイント・リサーチ)創設者兼ディレクター、トレーダーであるRonnie Moas(ロニー・モアス氏)である。

彼は株式投資に使用する 155種類のコンピュータモデルの開発者であり、ウォール・ストリートでキャリアを積んでいる優秀なトレーダーだ。

Moas氏は株式を中心に投資を行ってきており、これまでビットコイン投資に否定的だった。彼はこれまでのビットコイン投資への偏見を反省しこう語る。

「私はビットコイン投資研究の初期段階にいる。私は 2013年から 2016年にかけてビットコイン投資を却下してきた。しかし、2017年現在、暗号通貨の時価総額は 8兆円を超えており、私はもう少し暗号通貨投資に真剣に向き合わなければならない。」

「流通しているビットコインの数はわずかに 2100万BTCであり、通常の通貨や投資に対する信頼が低下し、投資市場とビットコイン市場が戦う。株式市場と金市場は急激に変化をしていくだろう。」と解説をしている。

また、Moas氏は「今後、景気が暴落する可能性が高く。その原因が株式市場と金市場の成長の遅さからくる。」と予測している。

ビットコイン価格予想、ゴールドマン。サックスより上

今週初めにゴールドマン・サックスがビットコイン価格に対して強気な予測をしたことが話題になった。

ゴールドマン・サックスは、ビットコイン価格が 4,000ドルに向かうと語り、同社は企業のブロックチェーン技術の採用数が大きくなること、暗号通貨需要が更に高まると予測している。

ビットコイン価格はすでに今年初めの 2倍以上をつけ時価総額は 4兆円に達し、すべての暗号化時価総額は現在 8兆円市場にまで成長している。

このような成長市場だが、この現象は初期の暗号通貨業界の氷山の一角に過ぎないと予測する金融専門家、アナリスト、投資家の数も増加している。

この記事が為になったら
いいね !をお願いします。

Twitter で