SIRIN LABS:IOTAではなくEthereumブロックチェーンを使用する

by BITTIMES   

SIRIN LABS(シリン・ラボ)の最高経営責任者(CEO)であるMoshe Hogeg(モシェ・ホゲグ)氏は、同社が発売を予定しているBlockchainスマートフォン「FINNEY」の開発において、アイオータ(IOTA)の技術を使用する予定を変更し、イーサリアム(ETH)のブロックチェーンを実装することを明らかにしました。

こちらから読む:SIRIN LABSとは?FINNEY Phoneのスペックや関連記事

SIRIN LABSは「FINNEY」を発表した当初、すべてのFINNEYデバイスでIOTAのTangleテクノロジーを使用して、独立したブロックチェーンネットワークを生成することを予定していました。

しかし今回明らかになった内容によると、同社はその選択肢を再検討し、新しい方法を導き出すことを決定したと説明されており、最終的な結論として販売開始時には イーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンを使用することに決定したと報じられています。

このニュースは、IOTAコミュニティの人々やFINNEYプロジェクトに関心を示していた多くの人々を驚かせました。イーサリアムブロックチェーンの利用へと変更することになった詳しい理由については明らかにされていませんが、一部の人々の間では『IOTAプロジェクトが成熟していない』という判断によって変更された可能性があるとも考えられています。

「FINNEY Phone」は、2018年11月にリリースされる可能性が最も高いと言われています。長期的な成功を成し遂げるためには、より確実で信頼のあるブロックチェーンプロジェクトに支えられていることが非常に重要となります。このようなことから、販売予定日まで残り約3ヶ月となった今、SIRIN LABSの開発チームは世界的にも広く認知されており、法的な枠組みも整いつつあるイーサリアムを選択することになったと考えられます。

SIRIN LABSチームは、「Ethereumは一時的な解決策を提供するに過ぎない」とも強調しています。

モシェ氏は、イーサリアムブロックチェーンへの変更を告げた際に、「少なくともプロジェクトの開始時に、FINNEY Phoneは、SIRIN LABSブロックチェーンでホストされている一連の完全なノードを通じて取引を処理する」と述べています。

この発言からすると、SIRIN LABSはパブリックチェーンの代わりとしてEthereumのプライベートチェーンを使用していると考えられます。

同社の長期目標は、トークンを安全かつ迅速に実行できる『第3世代のブロックチェーン』を採用することです。彼らはスケーラビリティの高いものを求めており、それが「IOTA」や「CARDANO」のようなプロジェクトを評価した理由でもあります。

「SIRIN LABSは最終的には独自のブロックチェーンに移行することを予定している」という意見は、以前から様々な場面で囁かれてきました。しかし、同社が独自のブロックチェーンを立ち上げるためにはもう少し時間がかかるようです。

今回モシェ氏が発表したこれらの内容によると、11月に発売される予定の「FINNEY Phone」は、イーサリアムベースのものになる予定であることになりますが、最終的にはSIRIN LABSのネイティブ・ブロックチェーンに移行することになるでしょう。

SIRIN LABS Token(SRN)の価格|2018年8月6日

SIRIN LABS Token(SRN)の価格にはこの数日間で大きな変化は見られておらず、2018年8月6日の時点では、12円前後で取引されています。

2018年8月6日 SRNのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月6日 SRNのチャート(引用:coingecko.com)

アイオータ(IOTA/MIOTA)の価格|2018年8月6日

アイオータ(IOTA)はここ数日の間は90円〜110円の間で取引されており、2018年8月6日の時点では、100円前後で取引されています。

2018年8月6日 IOTAのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月6日 IOTAのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の価格|2018年8月6日

イーサリアム(ETH)は8月3日からやや回復し、44,000円から46,000円まで上昇していましたが、その後は再度下落しており、2018年8月6日の時点では、45,000円前後で取引されています。

2018年8月6日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月6日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)の購入はセキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

BITMAXの仮想通貨取引サービスが「iOS版LINE」でも利用可能に

BITMAXの仮想通貨取引サービスが「iOS版LINE」でも利用可能に

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

インフォテリア:シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と提携

インフォテリア:シンガポールのブロックチェーン企業「Zilliqa」と提携

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

ブロックチェーンで囚人を追跡「電子ブレスレット」で再犯防止へ|中国

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

BINANCE:法定通貨「トルコリラ(TRY)」をサポート

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

フェイスブック:決済サービス「Facebook Pay」を発表|米国で今週中にも提供開始

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

BINANCE:先物・マージン取引「サブアカウント」向けにも提供開始

ソラミツ×カンボジア国立銀行:ブロックチェーン基盤のデジタル決済「バコン」を開発

ソラミツ×カンボジア国立銀行:ブロックチェーン基盤のデジタル決済「バコン」を開発

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

人材マッチングにブロックチェーン活用「職歴BANK」がサービス開始

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

2020年、現金取引制限で仮想通貨「需要増加」の可能性:マレーシア

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す