ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

by BITTIMES

仮想通貨(Cryptocurrency)のマイニングプールを販売している「BitClub Network(ビットクラブ・ネットワーク)」は、2018年9月30日の時点から一時的にGPUマイニングマシンを停止していることを発表しました。この決定の理由については"現在の仮想通貨市場では損失を拡大させてしまうことになるため"だと説明されています。

こちらから読む:仮想通貨市場の停滞はいつまで続く?投資家たちの「価格予想」

GPUマイニング「一時停止」の理由

bitcoin-no

マイニングに個人でも参加することができるマイニングプールのサービスを提供している「BitClub Network(ビットクラブ・ネットワーク)」は、9月30日頃からイーサリアム(Ethereum/ETH)のGPUマイニングマシンの電源を落として一時的にマイニングを停止し、全てのマイニングの支払いを凍結していることを10月1日に発表しました。しかしながら、これは契約の打ち切りや解約などではないため、後日再び再開される予定だと説明されています。

「BitClub」は今回の一時停止の理由について、現在の市場環境でマイニングを続けた場合、損失を出してしまうことになり、短期的にみると現在マイニングを行なっているほぼ全ての仮想通貨がさらにマイナスになってしまうためだと説明しています。

しかしながら、マイニングを一時的に停止すれば今以上の損失を防ぐことができるため、今回の決定に至ったとされています。「BitClub」で使用されているマイニングマシンの寿命は全て約4〜5年となっているため、稼働させ続けてしまえば損失を増やしながら寿命を削ることになってしまうため、現時点では稼働を停止して、より利益率の高い時に再び稼働させる予定だとされています。

マイニングマシン再稼働の目処

start

「BitClub」は今回の停止が一時的なものであることを強調しており、『将来的には再びこれらの機材を使用する機会がたくさんあると考えている』と述べています。マイニングマシンは9月30日の時点で凍結されているため、参加者は今回の決定によって失うものは何もないとのことで、再びこれらのマシンを再稼働することができれば残りの日数の収益を得ることができるとされています。

具体的な例としては、マイニングの契約日数の残りが「620日」だった場合には、その日数を残したまま凍結されることになるため、再び収益を得ることができる機会が見つかった時には、残されていた「620日分」の収益を得ることができると説明されています。

また、今回の一時停止とともに「GPUプール」の販売も終了となっています。過去30日以内に契約を結んだユーザーで"配当が開始されていない場合に限り"「全額払い戻し」を受けることができるとされています。

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格|2018年10月8日

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は、2018年に入って以降大きく価格を下げており、先月12日の時点では一時的に「1ETH=20,000円」近くまで下落しています。イーサリアムの価格がこれから回復するという予想を語る投資家も多いものの、ビットコインなどの仮想通貨に比べると価格の下落が続いているため、将来を不安視する声なども出始めています。

ETHの価格は、2018年10月8日の時点では「1ETH=約25,000円」となっています。

ETHの長期的なチャート(引用:coingecko.com)ETHの長期的なチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

ブロックチェーン活用した「電動車(EV)充電システム」を発表|Bosch(ボッシュ)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

カリフォルニア大学ロサンゼルス校「ブロックチェーンエンジニア育成コース」を設立

ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

ConsenSys:JPモルガンのブロックチェーン「Quorum」を買収

イーサリアム高騰の理由は「ETF審査開始」

イーサリアム高騰の理由は「ETF審査開始」

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

イギリスの仮想通貨取引所「Vertpig」リップル(XRP)など5銘柄取り扱いへ

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

コインチェック「Coincheck NFT(β版)」サービス提供開始|ゲーム関連NFTから取扱い

注目度の高い仮想通貨ニュース

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

Xboxオンラインストアの支払手段に「ビットコイン決済」追加の可能性

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

デリバティブ取引について解説

デリバティブ取引について解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月28日〜4月3日

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

Cardano(ADA)「Coinbase.com」と「iOS・Androidアプリ」でも利用可能に

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す