仮想通貨取引所「FCoinJP」の登録が開始!取引マイニングなど特徴や登録方法など解説

by BITTIMES   

2018年6月に創立された「FCoin」は、仮想通貨取引業界に奇跡を起こしました。あの世界一の仮想通貨取引所「Binance」をも超えた「Fcoin取引所」が話題となっています。近日中に大手仮想通貨取引所FCoinが日本のチームと組み「FCoinJP」を立ち上げることになっていると発表されました。本記事ではFCoinの使い方や特徴、気になるアカウントの登録の方法ついて徹底的に解説します。

FCoinが人気を集めている理由

FCoinJPの画像

ユーザーの手元に取引手数料は100%還元される
取引所で得られた収益(前日分)を毎日80%返還

創立わずか半月で取引高が当日取引総量「世界1位」になり、なんと取引高第2位から7位までのトータル取引高に達しています。世界中にブームを巻き起こしたFCoinが新しい取引所「FCoinJP」を日本に上陸させることも正式に発表しています。
「取引マイニング」ができる仮想通貨取引所「FCoin」には今後注目が集まると思われます。

世界一の取引所「FCoin」の特徴とは?

FCoinは、中国を本拠地とする仮想通貨取引所で、大手海外取引所「Huobi(フオビ)」の経営者だった「Zhang Jian」氏が2018年6月に設立され 、瞬く間に取引高世界1位なりました。
「FcoinJP」は、2018年10月30日(火)0時に始動し、目標にしていた「3日間で15億ドルの取引高」のわずか「133分」で達成するほどの熱狂ぶりを見せています。
その、133分の間に「3億」のFJが生み出され、取引手数料が「300万USDT」に上り、取引高がなんと「15億USDT」に達しました。(※FJとは、取引所FCoinが発行しているトークンのこと)
たったの「133分間」で日本でも取引高世界一の座に君臨

FCoinJPの画像

これは、bitflyerの同日取引高の「37.5倍」という驚異的な数字になってます。 それだけ、多くの人に使われている取引所「Fcoin」ですが、人気の理由は何なのでしょうか?

FCoin CEO「張健」氏とは?

FCoinJPの画像

張健氏は有名取引所「Huobi」の元CTOです。
「ブロックチェーン:金融と経済の新たな未来を定義する」という本を出版し、ブロックチェーン業界においても、最も早い段階から活動していた伝道師の一人であり、世界一ブロックチェーンのノウハウを知る一人である」 と言われています。

FCoinの採用する「取引マイニング」とは?

FCoinが従来の取引所と異なるところは、新たな「取引マイニング」モデルを採用したところです。
FCoinのホワイトペーパーには、FTの総発行量は「100億枚」で、そのうちの51%の「51億枚」を「取引マイニング」という形でユーザーに返還すると記載されており、取引中に発生した手数料を、FCoin Token(FTトークン)として、翌日ユーザーに100%キャッシュバックする仕組みです。
例えば、あるユーザーが取引所で頻繁に取引し「1ETH」を手数料として徴収されたとします。この場合は翌日、同ユーザーのアカウントに「1ETH」が返還されることになります。つまり、取引手数料は最終的にユーザーの元に戻るということです。これは「取引所をユーザーの手に」というFCoinのコンセプトに基づいています。
このモデルの魅力は「FT」を保有しているユーザーが配当に参加することが可能な点です。FCoinは、毎日、取引所の前日の収益の80%をユーザーに返還しています。これは株の配当と似ており、ユーザーが保有するFTの割合が多ければ多いほど、多くの株を持っているように配当を多く得られます。
例えば、昨日取引所の取引収益が「100BTC」だった場合、ユーザーが総量の1%のFTを保有している場合は1BTCが配当されるということになります。 FCoinが配当を大量に分配し始めると、ユーザーが熱狂的になることは想像に難くありません。

FCoinJPの画像

2018年6月20日、FCoinは「65,599BTC」と同価値に相当する手数料を返還しました。驚くべき量の配当により、一夜でかなりの利益を得たユーザーもいたようです。
最もピークの時は、100万枚以上のFTを保有しているユーザーに対する毎日の配当だけで「8.3BTC」にも及び、ある中国のユーザーは毎日午後に実施される配当時間になると必ずパソコンの前で待ってFCoinのアカウントを開き、コインが自動的に増えてくるのをじっと見ているそうです。
またFCoinで取引の開始が早い投資家ほど、得られる配当が多くなります。あるコアなFCoinファンがFTに対して配当の価値を計算しました。1FTを保有してから今までに獲得した配当は5.3274元人民元(約86円)となります。
最初に発行されたFTは0.000025ETHで、25ETH(現在約57万円相当)だけで「100万枚」ものFTを購入することができます。現在ではおよそ1億円の配当という計算になります。つまりFTは従来の仮想通貨と根本的な違いがあり、FTの配当というプロパティが投資家の魅力とも言えます。

FCoinJPの画像

FCoin取引所のリスク・デメリットは?

仮想通貨取引所にはそれぞれ特徴があり、メリット・デメリットはつきものです。それらを理解した上で使い分けることが賢い方法だと言えるでしょう。

日本円入金ができないこと

ほぼ全ての海外取引所に言えることですが、日本円の入金ができなことです。
日本国内の取引所であれば、銀行などから入金し、日本円建てで通貨を購入することができます。
しかし、海外の取引所は日本で購入した仮想通貨を海外の取引所に送金し、仮想通貨建てで通貨を購入することになります。FCoinJPの場合、全てUSDT建てでビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の購入ができます。

USDT(USD Tether)とは「1USDT≒1USD」というほぼ等価の図式が成り立ちます。さらにTether(テザー)とは、米ドル(USD)や日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ安定仮想通貨のことです。法定通貨と連動していることから、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われることもあります。

取引所の閉鎖や日本人規制により使用できなくなるリスク

FCoinは人気の仮想通貨取引所なので、収益が上がらずに閉鎖されるリスクなどは少ないとは思いますが、各国の仮想通貨規制の動きをうけて取引所自体が閉鎖したり使えなくなる可能性がゼロとは言いきれません。
昨今、取引所閉鎖の波も落ち着いてきているとは思いますが、金融庁の仮想通貨規制の動きにより、日本人のFCoinの使用ができなくなる可能性もあることは理解した上で使用してください。

資金流失の恐れ

FCoinはセキュリティー対策にも力を入れており、信頼性も高い取引所です。しかし、それでも仮想通貨の取引をしている限りハッキング被害などが起こらないとは言いきれません。
このリスクはFCoinに限ったことではなく、どの取引所でも言えることです。そのためにも、仮想通貨取引を行うときには、最低限の対策として「2段階認証」は行いましょう。また、心配な場合や巨額の取引を行う方は「ハードウォレット」などを使うなどして自分の資産は自分で守ることを心がけておきましょう。

FCoinJPの画像

FCoinは新たなフェーズへ

FCoinはグローバル化の道を歩み「取引マイニング」モデルを再起動することを決めており、全体に対し深層から最適化とアップグレードを行い、以前のモデルより精度を高め潜在力を発揮できるようになってきているのが伺えます。
また、FCoinJPは日本においても「100億枚」の独自のトークン「FJ」を発行予定があり、その内「51%」がユーザーの取引マイニングで発生します。

FCoinJPのリーダー「Summer Xie」氏は

FCoinのモデルはトークンエコノミーにおいて初めての試みで、人の潜在能力をアクティブにし、偉大なコミュニティーを構築することになります。このモデルは取引所だけではなく、他の様々な領域で運用することもできます。
日本への上陸後、ブームを巻き起こし、トークンエコノミーの魅力を感じさせるとともに新たな時代を本格的にスタートさせます。
と語りました。

FCoinJPプラットフォーム
FCoinJP公認Telegram
FCoinJP公認Twitter

FCoinJPの登録方法

checklistの画像

FCoinJPへの登録方法は「2ステップ」で、ほとんど「日本語」対応されています。

STEP.1:公式サイトからメールアドレスの登録

①ここから「FCoinJP公式サイト」にアクセス。

FCoinJPの画像

※英語の場合は日本語変換

②右上にある登録をクリック

③メールアドレスの入力

過去にFCoinで登録したメールアドレスだとはじかれる事があります。運営側に確認したところ、別のメールアドレスで登録を推奨されました。

STEP.2:基本情報の入力

先ほど入力したメールアドレス宛に「FCoinJP」からメールが届くので、記載されている「Verify code」と基本情報の入力を行い登録完了となります。

FCoinJPの画像

Google 2段階認証の設定

口座を開設した後は、必ず「2段階認証」を設定しましょう。
※この2分の動きがあなたの資産を大切に守ります。

①右上のメニューから「設定」を選択(ログイン後)

②右の「Google Authentication」の下にある「EBNABLE」をクリック

③Google 2段階認証アプリを持っている方は、QRコードを読み取って「CONFIRM」
※アプリをお持ちでない方は、下記画像に従って設定お願いします。

FCoinJPへの入金・出金方法

右上のメニューから「資産」を選択(ログイン後)

入金方法

①入金したい通貨の「入金」をクリック

②QRコードもしくはアドレスに送金

出金方法

現時点では出金は不可能となっています。(2018年10月30日18時時点)
使用可能が確認でき次第、記事を更新します。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

Huobi(フォビ)が日本居住者向けサービスを停止|7月2日までにすべきこと

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

Huobi Japan:500円相当の仮想通貨「XRP」が当たるアンケート調査を実施

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

John McAfeeがHitBITに宣戦布告|中央集権型から分散型の時代へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

仮想通貨情報データベース「LOOKBLOCK」事前登録の受付開始:マネックスクリプトバンク

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

ブロックチェーン基盤の「月・宇宙資産登記システム」を公開:DIANA

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

BitMEX:ビットコインの出金額、1日で「約91億円相当」に|調査報道でクジラも撤退か

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

仮想通貨版SWIFTの創設「2020年」までに具体策|主要15カ国を中心に資金洗浄対策

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す