FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

by BITTIMES   

SIRIN LABSは、2018年11月29日にブロックチェーンスマートフォンである「FINNEY™」を正式に公開しました。内蔵型のコールドストレージ仮想通貨ウォレットを備えた世界初の「Blockchain SmartPhone」は、本体価格999ドル(約113,000円)で発売されています。

こちらから読む:ブロックチェーンスマホ開発の先駆者「SIRIN LABS」の基本知識

日本の「FINNEY™公式ストア」は東京に

SIRIN LABSは、2018年11月29日に世界初のブロックチェーンスマートフォン「FINNEY™」を正式に公開しました。高度なセキュリティを兼ね備えたこの最新型の携帯電話には、内蔵型のコールドストレージ仮想通貨ウォレットが搭載されており、分散型アプリケーション(DApps)ブラウザなども提供されています。

2018年12月にはイギリス・ロンドンで、2019年1月には日本・東京でコンセプトストアもオープンする予定となっており、ロンドンの店舗はブロックチェーンに関する知見を深めるための教育拠点としても機能します。つまり、FINNEYを購入したユーザーは、ロンドンの店舗でスマートフォンの基本的な使い方だけでなく、ブロックチェーンに関するうわしい説明やセキュリティの詳細などといった、様々な質問の答えを受けることができます。

SININ LABSは以前から、SIRIN LABS Token(SRN)の保有者向けに10%割引を受けることができる事前予約受付を開始していました。今後はクレジットカードでの支払い方法も追加されると報じられており、来年1月からは「Amazon Launchpad」で購入することもできると伝えられています。

仮想通貨の「保管・管理」をより安全に|SIRIN OS™

SIRIN-OS

SIRIN OS™は、SIRIN LABSが開発したブロックチェーン関連の機能を搭載したAndroidベースの新しいプラットフォームです。Google(グーグル)からの認定も受けている「SIRIN OS™」は、携帯端末での仮想通貨の保管や仕様に関するセキュリティの問題を克服できるように設計されています。SIRIN OS™には、以下のようなユニークな機能が搭載されています。

内蔵型コールドストレージ仮想通貨ウォレット

内蔵型コールドストレージ仮想通貨ウォレットの目的は、ユーザーが保有する複数の仮想通貨の秘密鍵を保護し、安全な仮想通貨取引を実現することです。

このウォレットは、「FINNEY™」デバイスのハードウェアとは別の分離されたハードウェアとして機能し、秘密鍵や証明書を安全に保護します。ユーザーが取引を行った場合にのみインターネット対応のネイティブ・ウォレット・アプリケーションに接続する仕様となっており、マルチレイヤーサイバースイートと呼ばれる機能も搭載しているため、ウォレットに保管される仮想通貨は非常に高いセキュリティで保護されます。

分散型アプリケーションセンター「dCENTER」

dCENTER

SIRIN OSで提供される「dCENTER」は、分散型アプリケーション(DApps)のための市場を提供します。また「dCENTER」の「Learn&Earn」と呼ばれるオプションは、世界中のブロックチェーンプロジェクトのためにインセンティブ学習を提供する初めての「仮想通貨・ブロックチェーン教育エコシステム」であるとも説明されています。

「Web 3.0」プロトコルに基づくdCenterでは、アプリとアプリ内購入、エアードロップ、DAppブラウザなどが提供され、開発者はこのマーケットを通じて「FINNEY™」のユーザーにアプリケーションを提供することができます。

トークン変換サービス(TCS)

トークン変換サービス(TCS)が搭載されていることによって、ユーザーは仮想通貨取引に無駄な時間をかけることなく、単純かつシンプルに仮想通貨を変換することができます。これによって、シンプルかつ迅速に仮想通貨の支払いを処理することができるようになります。

トークンを交換する際に用いられるトークン価格は、流動性の高い複数の主要な取引所の価格情報を収集することによって決定され、ユーザーにとって魅力的なレートが自動的に提供される仕組みとなっています。最初の時点での対応通貨は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
SIRIN LABS Token(SRN)
の3種類となっています。

「洗練されたデザイン」と「魅力的な機能」

finney

FINNEYは最先端テクノロジーとサイバー保護機能を備えているだけでなく、モダンで洗練されたデザインと魅力的な複数の機能も備えています。デバイスには、高光沢の金属、鏡面研磨されたアルミニウム、デバイスの後部・前部の両方に3Dゴリラグラスが使用されており、カメラ、センサー、指紋スキャナーを取り囲む金属のシールドエレメントも付いています。

コールドストレージウォレットを起動する際に使用する「Safe Screen」はスライド式となっており、これを起動することによって、保管している仮想通貨の金額や数量、送信先のウォレットアドレスなどを簡単に確認することができるようになっています。これによって、マルウェアやハッカーが不正に仮想通貨を盗み出そうとしていないかどうかも簡単に確認することができます。

ブロックチェーン業界をリードする「SIRIN LABS」

SIRIN-LABS

SIRIN LABSは、一般的な市場とブロックチェーン経済のギャップを埋めることを目標に掲げ、2017年9月に世界で初めてブロックチェーンスマートフォンを製造する計画を発表しました。2017年12月にはサッカー界のレジェンドともいわれるLionel Messi(リオネル・メッシ)氏をブランド大使に迎え、FINNEY製造のためのICOを成功させました。

今年の初めには、FINNEYの製造を促進させるために「Foxconn(フォックスコン)」との提携も結んでおり、CARDANO(カルダノ)との提携なども発表されています。最近では、ボクシングチャンピオンであるGennady Golovkin(ゲンナディ・ゴロフキン)氏との提携も発表しており、さらに注目を集めています。

2019年1月には日本でもショップがオープンする予定となっているため、FINNEYは今後さらに注目を集めることになると予想されます。

「SIRIN LABS」や「FINNEY™」に関する詳しい情報は、日本語にも対応している以下の公式サイトからどうぞ
>SIRIN LABSの公式サイトはこちら

SIRIN LABS Token(SRN)の価格|2018年11月30日

SIRIN LABS Token(SRN)の価格は、今月25日に7円まで下がった後は徐々に回復してきており、2018年11月30日時点では「1SRN=10.03円」となっています。

2018年10月31日〜2018年11月30日 SRNのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月31日〜2018年11月30日 SRNのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

ロールス・ロイス:航空ブロックチェーン企業「ブロックエアロ」に助成金授与

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

仮想通貨は金融安定性にリスクをもたらすものではない

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

ビットバンク:ドメイン登録サービスへの「不正アクセス」について報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

KuCoin「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|明日上場との報告も

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

BTC・BSV・BCHのマイニングプール「個人・法人向け」に提供へ:SBI Crypto

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

日本国内のNFT市場形成に向け「ブロックチェーン企業3社」が業務提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す