仮想通貨ハードウェアウォレット「Trezor」ETH・ETC・ERC20トークンに標準対応

by BITTIMES   

仮想通貨のハードウェアウォレット「Trezor(トレザー)」は、2018年12月4日にイーサリアム(Ethereum/ETH)やイーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)、ERC20トークンを保管するためのネイティブインターフェースを提供することを発表しました。

こちらから読む:仮想通貨の保管方法は様々「ウォレット」関連ニュース

イーサリアムの保管がもっと簡単に

Trezor-Ethereum

Trezor(トレザー)は以前から
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ERC20トークン
に対応していましたが、これらの仮想通貨を保管できるようにするためには、
・MyEtherWallet(マイイーサウォレット)
・MyCrypto(マイクリプト)
・MetaMask(メタマスク)
のようなサードパーティ製のウォレットを統合する必要があり、そのための手順には少し時間がかかりました。

しかし、今回発表された新しいインターフェイスは数回のクリックだけで利用できるようになっています。追加する場合には、パソコンのTrezor管理画面の左上隅にある通貨セレクタで「Ethereum」または「Ethereum Classic」を選択し、「Go to Trezor Ethereum Wallet」をクリックして続行するだけとなっています。

その後はすぐに新しいインターフェイスを使用することができ、以前にサードパーティ製のウォレットを使用していてイーサリアムをTrezorで保管している場合には、すぐに残高が表示されます。またこれまで使用されていた「MyEtherWallet」などに関しては現在も機能しており、今後も変更する計画はないと説明されています。

より詳しい使い方は以下のリンクから「Trezor Wikiのユーザーマニュアル」をご覧下さい
>Trezor使用方法の詳しい解説はこちら

Trezorの「偽物」に注意

仮想通貨を安全に保管するための代表的なハードウェアウォレットとして知られている「Trezor」ですが、最近では精密に作られた"偽物"が出回っていることも報告されているため、注意が必要です。偽物のTrezorは基本的に低価格で販売されていることが多く、ブランド品などのように複数のオンラインショップなどで販売されていると伝えられています。

偽造品と本物の見分け方としては、Trezorの箱に貼られている「ホログラムシール」に違いがあることなどが報告されており、偽物のホログラムシールは古いパッケージで使用されていたものに非常によく似ていると報告されています。

本物のTrezorに貼られているホログラムシール(上)と偽物に貼られているホログラムシール(下)の比較(画像:blog.trezor.io)本物のTrezorに貼られているホログラムシール(上)と偽物に貼られているホログラムシール(下)の比較(画像:blog.trezor.io)

2017年または2016年に同社の販売店または認定販売代理店でデバイスを購入した場合は、偽物に近いホログラムシールであっても本物である可能性が高いとのことですが、最近購入したデバイスに偽物のホログラムシールが貼られていた場合には注意が必要です。

公式発表では、本物の「Trezor製品」を購入する最も簡単な方法は、
公式のTrezorショップ
公式アマゾンショップ
公式の再販業者
から購入することだと説明されています。
・eBay
・淘宝網
・AliExpress
・未確認のAmazon再販業者
・その他の場所
などで購入する場合には十分注意する必要があると説明されているため、これから「Trezor製品」を購入しようと考えている方は同社が推奨している公式販売店から購入するようにしましょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

仮想通貨への期待高まるイギリス|取引所に新たな通貨続々と

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

Cardano(ADA)「Daedalus 4.5.1」公開|ステークプールの過剰飽和警告機能などを追加

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

東京ハッシュ「貸暗号資産サービス」提供開始|ビットコイン・イーサリアムに対応

東京ハッシュ「貸暗号資産サービス」提供開始|ビットコイン・イーサリアムに対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ariva Wonderlandがメタバース・仮想通貨・VRを武器に観光業界に革命を起こす

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Binance US:Solana上のメタバース「Portals」にオフィス開設へ

Coincheckつみたて:ビットコインがもらえる「スタートダッシュキャンペーン」開始

Coincheckつみたて:ビットコインがもらえる「スタートダッシュキャンペーン」開始

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

Cardano(ADA)基盤のNFTマーケットプレイス「Fiborite」事前登録受付開始:EMURGO

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

東京ハッシュ:Amazonギフト券がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す