NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

by BITTIMES   

NASDAQ(ナスダック)と提携していることで以前から注目を集めていた仮想通貨・法定通貨取引プラットフォーム「DX.Exchange」は、2019年1月7日にサービスを開始し「トークン化」された主要企業の株式を購入できるようにすることを発表しました。

こちらから読む:ビットコイン先物の提供開始迫る「NASDAQ」関連ニュース

DX.Exchangeへの登録はこちら

仮想通貨取引プラットフォーム「DX.Exchange」

DX.Exchange

DX.Exchangeは、エストニアに本拠地を構えるEUの認可を受けた仮想通貨・法定通貨取引プラットフォームです。2018年4月頃には「Coins.Exchange」という名称で話題となっていましたが、現在は「DX.Exchange」という名前に改名してプロジェクトが進められています。

NASDAQ(ナスダック)と提携を結んでいる「DX.Exchange」は、個人や機関向けの仮想通貨取引サービスを提供するだけでなく、企業のICOにも利用できる取引所になることを目指していると伝えられています。同取引所の公式サイトでは「ナスダックのマッチング・エンジンと自社の強固な独自テクノロジーの融合により、DXプラットフォームは今日の主導的な仮想通貨マーケットとなる」と説明されています。

DX.Exchangeの公式サイトは日本語にも対応しており、記事執筆時点でも「取引プラットフォーム」や「携帯アプリ」の画像や手数料、サービス内容、利用方法などといった様々な情報が公開されています。

トークン化によって株式の「部分的な購入」が可能に

token

DX.Exchangeのプラットフォームでは、一般的な仮想通貨だけでなくNASDAQに上場しているハイテク企業の株式をトークン化したものも購入することができると説明されています。

このサービスを通じて株式を購入するユーザーは、直接株式の所有権を購入するのではなく、それぞれの企業の株式に基づいた"ERC20トークン"を購入することになります。

「DX.Exchange」のCOOであるAmedeo Moscato(アメデオ・モスカート)氏は、これらのトークンは現実世界の株式に「1:1」の割合で裏付けられているため、トークンの保有者は通常の株式と同じように現金で配当を受けることができると説明しています。

また、トークンの裏付けとなる実際の株式は「DX.Exchange」が契約を結んでいる「MPS(マーケット・プレイス・セキュリティズ)」が購入して別の隔離されたアカウントに保存されるため、問題を抱えている企業や破産申告をしている企業に対する保護策として機能するとも説明されています。

モスカート氏は、株式をトークン化することによって「24時間365日」いつでも取引することができるようになる他、株式を部分的に購入することもできるようになるなどのいくつかのメリットがもたらされると説明しています。このような複数の要因によって、流動性が高まることなども期待されています。

売買可能な「株式トークン」は10銘柄

サービス開始時に売買することができる株式は、
・Alphabet (アルファベット)
・Apple(アップル)
Amazon(アマゾン)
Facebook(フェイスブック)
Microsoft(マイクロソフト)
・Tesla(テスラ)
・Netflix(ネットフリックス)
・Baidu(バイドゥ)
・Intel(インテル)
・Nvidia(エヌビディア)
の計10社だと伝えられており、プラットフォームには米国の多くのオプション証券取引会社で使用されているナスダックの「金融情報交換(FIX)プロトコル」が使われているとも報告されています。

長い間待ち望まれてきた「DX.Exchange」のサービス開始だけでなく、株式のトークン化などの新しいサービスがユーザーたちからどのような評価を受けることになるのかにも注目です。

「DX.Exchange」に関する詳しい情報は以下の公式サイトからどうぞ
>「DX.Exchange」の公式サイトはこちら

仮想通貨取引所DX.Exchangeの新規登録はこちらからどうぞ。

DX.Exchangeへの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

フランクミュラー:世界初のビットコイン腕時計「Encrypto」を発売

フランクミュラー:世界初のビットコイン腕時計「Encrypto」を発売

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

Chiliz&Socios:トルコサッカー業界の技術革新に向け「Turkish Union of Clubs」と協力

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

ブロックチェーン貿易基盤「TradeLens」海運業界で主流に|日本大手企業も参加

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

ビットフライヤー「ポルカドット(DOT)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「ポルカドット(DOT)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

コインチェック「パレットトークン(PLT)の取扱い開始日」を延期

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す