【DX.Exchange】とは?特徴・使い方・メリットや今後を徹底解説

by BITTIMES

仮想通貨取引所「DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)」に関する基本情報や特徴を初心者の方でも簡単に理解できるようにわかりやすく解説します。取り扱う暗号資産やデジタル・ストック(株式トークン)、DXトークン(DXCASH)、取引手数料などの情報だけでなく、メリット、デメリットなども詳しく説明しています。

こちらから読む:DX.Exchangeの「登録方法」を画像付きでわかりやすく解説

DX.Exchangeの登録はこちら

DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)とは

DX.Exchange

DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)とは、法定通貨・仮想通貨・株式を取り扱っている仮想通貨取引プラットフォームです。エストニアを拠点とする「DX.Exchange」は、同国のFIU(*1)から正式に認可を受けており、日本を含めた様々な地域向けにサービスを提供しています。
(*1)FIU(Financial Intelligence Unit):マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与に関する疑わしい取引情報を一元的に受理・分析し、捜査機関などに提供している政府機関のこと

NASDAQ(ナスダック)との提携

アメリカの証券取引所NASDAQ(ナスダック)と提携を結んでいる「DX.Exchange」は、NASDAQに上場している有名企業10社の株式も取り扱っており、各種株式を「トークン化」することによって米国株を24時間、国外からでも取引できる環境を構築しています。

また「DX.Exchange」の公式サイトでは『ナスダックのマッチング・エンジンと自社の強固な独自テクノロジーの融合により、DXプラットフォームは今日の主導的な仮想通貨マーケットとなる』とも説明されています。

日本語にも対応

DX.Exchangeの公式サイトは日本語にも対応しており、サポートもしっかりと日本語に対応しているため、英語が苦手な日本人の方でも安心して利用することができます。

DXトークン(DXcash/DXCASH)

DX.Exchangeは、取引所を利用する際の「手数料の支払い」や「仮想通貨取引」などに使用することができる独自トークン「DXトークン(DXcash/DXCASH)」も発行しており、ユーザーはこのトークンを利用することによって一定の割引を受けることができます。

「DXCASH」は基軸通貨とはなっていませんが「DX.Exchange」を利用する上で必須のトークンとなっているため、今後も高い流動性が保たれることが予想されます。仮想通貨独自のトークンとして発行されているため、将来的には手数料の支払いや取引以外でも利用できるようになるとも考えられます。

取り扱う通貨・銘柄

取り扱う通貨の種類は、法定通貨4通貨、仮想通貨13銘柄、デジタル・ストック10銘柄となっています。なお、取引手数料の欄には以下に記載している「合計13種類」の仮想通貨が記載されていますが、マーケットにはまだリストされていない仮想通貨が複数存在します。2019年1月時点で同社のWebサイトに名前の記載がある「通貨・銘柄」は以下の通りです。

法定通貨(フィアット)

・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・日本円(JPY)
・ポンド(GBP)

仮想通貨(暗号資産)

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ダッシュ(Dash/DASH)
テザー(Tether/USDT)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
デラックス・キャッシュ(DXcash/DXCASH)
・エニグマ(Enigma/ENG)
・オミセゴー(OmiseGO/OMG)
・デジバイト(Digibyte/DGB)
・シェアトークン(ShareToken/SHR)

デジタル・ストック(株式トークン)

Alphabet(アルファベット/GOOGL)
Apple(アップル/AAPL)
Amazon(アマゾン/AMZN)
Microsoft(マイクロソフト/MSFT)
Facebook(フェイスブック/FB)
Tesla(テスラ/TSLA)
Intel(インテル/INTC)
Baidu(バイドゥ/BIDU)
Nvidia(エヌビディア/NVDA)
Netflix(ネットフリックス/NFLX)

基軸通貨

・法定通貨4通貨
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・テザー(USDT)

各種手数料

「DX.Exchange」は、仲介者を介さずに個人同士で取引を行うことができるピア・ツー・ピア(P2P)の取引方法を採用しており、取引手数料をはじめとする各種手数料に関しても独自の料金設定を設けています。

メンバーシップ料金|DXcashなら「50%」割引

「DX.Exchange」は、基本的に取引手数料無料となっている代わりに月額料金制を採用しています。登録を完了するまでは、無料で使用することができますが、実際に取引を開始するためには、メンバーシップ料として月額20ドル(約2,200円)を支払う必要があります。

このメンバーシップ料金は「DXcash」で支払うこともできるようになっており、「DXcash」で料金を支払うメンバーには「50%割引」が適用されるようになっています。つまり「DXcash」を利用すれば実質「月額10ドル(1,100円)」でサービスを利用することができます。

料金は初回入金時に「10ドル」が徴収され、それ以降は1ヶ月毎に同社が設定したルールに基づいて"自動的に徴収される仕組み"となっています。「DXcash」での支払いを指定した場合には毎月10ドル相当の「DXcash」が引き落とされますが、「その他の通貨」の場合は20ドルが引き落とされるようになっています。

「自動引き落とし」に使用される通貨は、同社があらかじめ定めている規定に基づいており、優先順位は以下のようになっています。

  1. USD
  2. EUR
  3. JPY
  4. GBP
  5. USDT
  6. BTC
  7. ETH
  8. BCH
  9. XRP
  10. LTC
  11. DASH
  12. DGB
  13. OMG
  14. ADA
  15. SHR
  16. ENG
  17. AAPL
  18. MSFT
  19. FB
  20. AMZN
  21. GOOGL
  22. TSLA
  23. NFLX
  24. BIDU
  25. INTC
  26. NVDA
  27. DXCASH

なお、口座に資金がない場合には差し引かれることはありませんが、再入金を行なった場合には、利用できる期間が短期間であった場合でも通常通りの金額が差し引かれることになるため注意が必要です。また、資金がなかった場合でもオープン注文があった場合には最小の注文がキャンセルされてメンバーシップ料が差し引かれるようになっています。

各種通貨の取引手数料

取引手数料は、月々の取引量が50,000ユーロ(約625万円)に達するまでは「0%」となっており、その後は取引量に応じて手数料が変化する仕組みとなっています。また、取引手数料に関しても「DXcash」を保有していれば手数料が割り引かれるようになっています。取引量毎の手数料は以下の通りです。

月々の取引量通常の手数料DXcashでの手数料
50,000ドル未満00
100,000ドルまで0.25%0.20%
500,000ドルまで0.20%0.15%
1,000,000ドルまで0.15%0.10%
1,000,000ドル以上0.10%0.05%

法定通貨の「入金・出金」手数料

CurrencyCredit
Fees
Wire
Deposit
Wire
Withdrawal
SEPA
Deposit
SEPA
Withdrawal
USD5%7.5$
+ 0.05%
15$
+ 0.1%
0.2$0.9$
EUR5%7.5€
+ 0.05%
15€
+ 0.1%
0.20€0.90€
GBP5%7.5£
+ 0.05%
15£
+ 0.1%
25£110£
JPY5%750¥
+ 0.05%
1500¥
+ 0.1%
0.2¥0.9¥

仮想通貨の「入金・出金」手数料

銘柄入金手数料出金手数料
BTC00.00050000
ETH00.01000000
BCH00.00100000
XRP00.25000000
LTC00.00100000
DXCASH01.00000000
DASH00.00200000
DGB00.50000000
SHR010.00000000
OMG00.63000000
USDT01.90000000
ENG03.00000000
ADA01.00000000

デジタル・ストックの「入金・出金」手数料

銘柄入金手数料出金手数料
AAPL00.02000000
MSFT00.03000000
FB00.02000000
AMZN00.01000000
GOOGL00.01000000
TSLA00.01000000
NFLX00.01000000
BIDU00.02000000
INTC00.06000000
NVDA00.02000000

DX.Exchangeの登録はこちら

メリット:DX.Exchangeサービスの魅力

【ここがポイント!】
・豊富な仮想通貨と法定通貨を一括管理
・コールドスレージで資産を安全に保管
・強固なセキュリティと高い技術力
・使いやすいインターフェースと豊富なツール

法定通貨と仮想通貨を「ワンストップ」で取引できる

DX.Exchangeは、法定通貨と仮想通貨を「ワンストップ」で取引できることを大きな特徴の一つとしています。"ワンストップ"とは一ヶ所だけで全てが完結することを意味します。つまり「DX.exchange」は、様々な法定通貨と仮想通貨の取引をDX.exchangeだけで完結できるようなサービスの提供を目指しているということになります。

一般的な仮想通貨取引所では、
・取り扱う仮想通貨の種類が限られている
・仮想通貨の種類は多いが、法定通貨に対応していない
・仮想通貨・法定通貨は充実しているが、手数料が高い
といった問題がありましたが「DX.exchange」は、豊富な種類の「仮想通貨・法定通貨・デジタルストック」を全て一箇所で管理し、取引手数料を無料にすることによって、あらゆる資産を一括管理できる環境を提供しています。

2019年1月時点では、取り扱う仮想通貨の種類が限られていますが、今後はより多くの通貨を追加していく予定だとされているため、対応通貨が増えるにつれて「ワンストップ」の魅力が高まっていくと考えられます。

安心・安全な資産管理|コールドストレージ採用

仮想通貨取引所に対する「ハッキング事件」が相次いで報告されている現代社会では、顧客資産をいかに安全に保管できるかが非常に重要な要素として求められています。

顧客資産の保護にも重きを置いている「DX.Exchange」は、仮想通貨の保管方法として安全に資産を保護することができる「コールドストレージ」を採用しています。

資産のほとんどはオフラインで保管されているため、ハッキングのような不正行為の被害に遇うリスクを最小限に抑えることができます。

強固なセキュリティを支える高い技術力

DX.Exchangeは、世界トップクラスの証券取引所としての知識・経験・技術力を有している「NASDAQ」のトレーディングエンジンを利用しているだけでなく、技術者の採用にも力を入れていることが報告されています。

これまでの報道内容によると、テクノロジー先進国として知られるイスラエルの技術者を70人以上雇用している他、セキュリティ専門のエンジニアの採用も積極的に行なっていると報告されています。

使いやすいインターフェースと豊富なツール

DX.Exchangeのプラットフォームには、一般的な仮想通貨取引所では提供されていない豊富な機能やツールが数多く提供されています。「DX.Exchange」は、トークンを購入する投資家だけでなく、ICOを行う企業や組織にも使用しやすい取引所となることを目指しています。

資産一覧、注文板、取引ログなどの投資を行う際に必要となるデータがわかりやすくシンプルに表示される設計となっているだけでなく、投資家の人々が必要とする各種銘柄の基本情報やニュースなども表示されており、デジタル・ストックでは「アナリストの評価や市場分析」などの情報も提供されています。

「アナリストの評価や目標株価」画面「アナリストの評価や目標株価」画面

また、市場の状況を気軽に確認することができるように「iOS」や「Android」に対応したスマートフォン向けアプリの提供も予定されています。ユーザーが必要とする情報を直感的に表示させることができるこれらの機能は「DX.Exchange」の大きなメリットの一つであると言えるでしょう。

デメリット:DX.Exchangeを使用する際の注意点

【ここがポイント!】
・対応通貨が少ない(2019年1月時点)
・中・上級者向け

取り扱う通貨がそれほど多くない

様々な種類の仮想通貨と法定通貨を1つの取引所内で一括管理、取引することが大きなメリットですが、2019年1月時点ではオープンして間もない取引所でもあるため、取り扱う仮想通貨の数がそれほど多くありません。

数年前からサービスを提供している主要な仮想通貨取引所ではすでに100種類以上の仮想通貨を取り扱っているため、そのような取引所に慣れてしまっている方はやや物足りなく印象を受けるかもしれません。

しかし今後は、取り扱う仮想通貨の種類も増えていくと伝えられているため、対応通貨の問題は時間とともに解決していくと考えられます。

初心者にはやや不向き?中・上級者向け

豊富な銘柄を取り合っているだけでなく実用的な機能も複数備えているため、投資・トレードの経験を有している中・上級者の方には魅力的なサービスとなっていますが、月額料金が必要となるため「稀にしか取引を行わない方」や「経験の少ない初心者の方」にはあまり適していないとも考えられます。

実際に利用を開始する際には、メンバーシップ料が「10〜20ドル」必要となることも踏まえた上で「具体的な取引プラン」や「利用する利点」などを一度考えた上で決定すると良いでしょう。具体的な計画を持って効率良くサービスを活用するのであれば、「DX.Exchange」は仮想通貨取引のための必須ツールとなるでしょう。

「DX.Exchange」の登録方法はこちらの記事で詳しく解説しています

仮想通貨取引所DX.Exchangeの新規登録はこちらからどうぞ。

DX.Exchangeの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

米Robinhoodが手数料無料の仮想通貨取引アプリをローンチ

Ripple(XRP)の「圧倒的人気度」が明らかに|国内取引所の統計情報を公開:JVCEA

Ripple(XRP)の「圧倒的人気度」が明らかに|国内取引所の統計情報を公開:JVCEA

【重要】Zaif(ザイフ)事業継承の「同意手続き」受付終了へ|未承諾の方は早めの確認をNEW

【重要】Zaif(ザイフ)事業継承の「同意手続き」受付終了へ|未承諾の方は早めの確認を

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

日本国内の仮想通貨取引所3社「証券業界」への参入目指す|2019年内にもサービス開始か

日本国内の仮想通貨取引所3社「証券業界」への参入目指す|2019年内にもサービス開始か

「Sコインプラットフォーム」とは?

「Sコインプラットフォーム」とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

積水ハウス・日立・KDDI:ブロックチェーン活用した「企業間情報連携基盤」構築へ

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

Coinbase:仮想通貨による「国際決済サービス」を開始|Ripple(XRP)なら手数料無料に

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ビットコイン価格急騰!一時「55万円」突破|高騰理由と今後の重要ポイント

ビットコイン価格急騰!一時「55万円」突破|高騰理由と今後の重要ポイント

TRON:エコシステムをさらに強化|ブロックチェーン版App Store「CoinPlay」を買収

TRON:エコシステムをさらに強化|ブロックチェーン版App Store「CoinPlay」を買収

リップル(XRP)を世界共通の「決済通貨」に!話題のスタートアップ企業が提案募集

リップル(XRP)を世界共通の「決済通貨」に!話題のスタートアップ企業が提案募集

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

米国版Huobi:リップル(Ripple/XRP)上場予定日を発表「3種類」の通貨ペア追加へ

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

アルゼンチンの「自国通貨をビットコイン」に!投資家Tim Draperが大統領に直接提案

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

IBMのブロックチェーンで「じゃがいも食品」の情報管理|Nestlé×Carrefour

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す