開始わずか1時間で2億5千万円を調達した驚異の仮想通貨がPreICOを継続中!

by BITTIMES   

ICO 人気が過熱している昨今、日本発のプロジェクト ALISが ICO 開始 2週間で 3.2億円を調達し、最終的に 4.3億円を調達したというニュースが大きな関心を集めましたが、
今まさに pre ICO 開始後わずか 1時間で 2.5億円を調達し、世界各国の ICO メディアで取り上げられているプロジェクトがあります。

それが World Peace Coin(WPC)です。

WPC(World Peace Coin)とは?

WPCが掲げるのは、ずばり世界平和。世界に25億人いると言われる銀行口座未保有者にブロックチェーンを用いて金融システムへのアクセスを可能にすることで貧困から自ら立ち上がるチャンスを創出することを目的としているプロジェクトです。

なぜこのWPCプロジェクトがここまでに注目を集めるに至ったのか。理由としては業界初のマイニング方式である Proof of Lending(プルーフ・オブ・レンディング)の存在が大きいようです。

Proof of Lending(PoL)とは?

WPC のユーザーは開発途上国のユーザーに融資を行うことでマイニング報酬を受け取ることができます。
これが PoL です。今までその日を生きることで精一杯だった人たちに自己や生活への投資を行う機会を創出することによって貧困から立ち上がるチャンスを作り出しながら報酬が発生するため、ただのボランティアではなくビジネスとしての世界的好循環を目指すこのシステムは各国のメディアで画期的と取り上げられ投資家からの強い関心を集めています。
また、WPC の優れている点は PoL を実現するにあたって懸念されるクレジットデフォルトリスク(貸し倒れのリスク)をカバーする仕組みを AI システム TSUMUGI(ツムギ)によって構築している点です。

TSUMUGIとは?

TSUMUGIはPoLを実現させるために最先端のAI技術を駆使してプログラミングされたシステムです。

TSUMUGIは開発途上国の人たちに関するビックデータと呼ばれる膨大なデータ群から人間では不可能な速度と精度で自動的に必要な情報と関係性をディープラーニングと呼ばれる方法で自動学習し、銀行口座の情報に頼らず解析することによって誰にいくらまで貸せるのか独自のクレジットスコアを算出します。
不透明だった開発途上国の人々のスコアを明確にすることで、チャンスに恵まれず貧困に喘いでいた人に自ら立ち上がる権利を創出します。

取引所にも上場が決定

また、WPC が投資家を納得させている要素として投資家を第一優先に考えている姿勢が挙げられます。
PoL や TSUMUGI はもちろんのこと、2018年6月を皮切りに複数の仮想通貨取引所で取り扱われる方針であることを発表しています。

WPCのICO情報

・販売日
Pre ICO:2017年12月20日から2018年1月20日まで
ICO:2018年3月25日から2018年4月25日まで

・価格
Pre ICO:1WPC = 0.22US$
ICO:1 WPC = 0.27US$

・受け入れ可能な通貨
BTC / ETH / BCH

・ホワイトペーパー
http://worldpeacecoin.io/whitepaperjp/

詳しくは

仮想通貨が購入できる仮想通貨取引所 Zaif の画像「World Peace Coin(WPC)」に今すぐ参加する


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

Bybit Games:世界最大級のトレードバトル「BTC Brawl」開催へ【最大賞金1億円】

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

カンヌ映画祭でbitcoinドキュメンタリーの制作権利を取得|Blockchain Media Company

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

仮想通貨ICO・IEO関連の「新たなガイドライン」公開:マレーシア規制当局

No Fake Todayは世界中の偽造品に立ち向かう

No Fake Todayは世界中の偽造品に立ち向かう

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:ダッシュ(DASH)の「先物取引」提供へ

BINANCE:ダッシュ(DASH)の「先物取引」提供へ

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「先物取引」提供へ

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「先物取引」提供へ

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

任意の仮想通貨・法定通貨を「リアルタイム交換」決済技術で特許取得:Square

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「e-Sports」をどのように変えるのか?

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

Tron(TRX)が仮想通貨対応プリペイドカード「Bitsa」で利用可能に

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

人気のイーサリアムウォレット「MetaMask」ユーザー数100万人を突破

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

英クリケットチーム「ブロックチェーンチケット」を導入

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

脱税・サイバー犯罪特定に向け「仮想通貨取引の分析ツール」導入へ:英国歳入関税庁

Twitter:ビットコイン(#BTC)ハッシュタグ投稿で「ロゴマーク」を自動表示

Twitter:ビットコイン(#BTC)ハッシュタグ投稿で「ロゴマーク」を自動表示

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

旅行予約で仮想通貨が使える「TravelbyBit」エクスペディアと提携し、対応ホテルを拡大

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

FCバルセロナ:仮想通貨企業「Chiliz/CHZ」と提携|公式ファントークン発行へ

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す