開始わずか1時間で2億5千万円を調達した驚異の仮想通貨がPreICOを継続中!

by BITTIMES

ICO 人気が過熱している昨今、日本発のプロジェクト ALISが ICO 開始 2週間で 3.2億円を調達し、最終的に 4.3億円を調達したというニュースが大きな関心を集めましたが、
今まさに pre ICO 開始後わずか 1時間で 2.5億円を調達し、世界各国の ICO メディアで取り上げられているプロジェクトがあります。

それが World Peace Coin(WPC)です。

WPC とは?

https://www.youtube.com/watch?v=CiGNk3YYU1o

WPC が掲げるのは、ずばり世界平和。世界に 25億人いると言われる銀行口座未保有者にブロックチェーンを用いて金融システムへのアクセスを可能にすることで貧困から自ら立ち上がるチャンスを創出することを目的としているプロジェクトです。

なぜこの WPC プロジェクトがここまでに注目を集めるに至ったのか。理由としては業界初のマイニング方式である Proof of Lending(プルーフ・オブ・レンディング)の存在が大きいようです。

Proof of Lending(PoL)とは?

WPC のユーザーは開発途上国のユーザーに融資を行うことでマイニング報酬を受け取ることができます。
これが PoL です。今までその日を生きることで精一杯だった人たちに自己や生活への投資を行う機会を創出することによって貧困から立ち上がるチャンスを作り出しながら報酬が発生するため、ただのボランティアではなくビジネスとしての世界的好循環を目指すこのシステムは各国のメディアで画期的と取り上げられ投資家からの強い関心を集めています。
また、WPC の優れている点は PoL を実現するにあたって懸念されるクレジットデフォルトリスク(貸し倒れのリスク)をカバーする仕組みを AI システム TSUMUGI(ツムギ)によって構築している点です。

TSUMUGIとは?

TSUMUGI は PoL を実現させるために最先端の AI 技術を駆使してプログラミングされたシステムです。

TSUMUGI は開発途上国の人たちに関するビックデータと呼ばれる膨大なデータ群から人間では不可能な速度と精度で自動的に必要な情報と関係性をディープラーニングと呼ばれる方法で自動学習し、銀行口座の情報に頼らず解析することによって誰にいくらまで貸せるのか独自のクレジットスコアを算出します。
不透明だった開発途上国の人々のスコアを明確にすることで、チャンスに恵まれず貧困に喘いでいた人に自ら立ち上がる権利を創出します。

取引所にも上場が決定

また、WPC が投資家を納得させている要素として投資家を第一優先に考えている姿勢が挙げられます。
PoL や TSUMUGI はもちろんのこと、2018年6月を皮切りに複数の仮想通貨取引所で取り扱われる方針であることを発表しています。

WPC の ICO 情報

・販売日
Pre ICO:2017年12月20日から 2018年1月20日まで
ICO:2018年3月25日から 2018年4月25日まで

・価格
Pre ICO:1 WPC = 0.22US$
ICO:1 WPC = 0.27US$

・受け入れ可能な通貨
BTC / ETH / BCH

・ホワイトペーパー
http://worldpeacecoin.io/whitepaperjp/

詳しくは

仮想通貨が購入できる仮想通貨取引所 Zaif の画像「World Peace Coin(WPC)」に今すぐ参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

マーシャル諸島が独自の仮想通貨ソブリン(SOV)の発行を予定

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

バハマがブロックチェーン大国に名乗りをあげる|海洋考古学を民主化へ

人工知能のための画像マークアップ500ドルを獲得「Dbrain」スタートアップの概要

人工知能のための画像マークアップ500ドルを獲得「Dbrain」スタートアップの概要

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

百度(Baidu)も仮想通貨規制を強化!中国で相次ぐSNSアカウントの停止

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

John McAfee「ICOにはもう一切関与しない」マカフィー砲封印か

テックビューロがCAMPFIREと決裂「泥沼化の真実」

テックビューロがCAMPFIREと決裂「泥沼化の真実」

注目度の高い仮想通貨ニュース

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

リップル(XRP)が法定通貨でも購入可能に ー 仮想通貨両替サービス「Changelly」

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

Blockchains LLC:ネバダ砂漠「スマートシティ化」計画|イノベーションパーク構築へ

MetaMask(メタマスク)モバイル版リリースへ!人気のETHウォレットがスマホにも対応

MetaMask(メタマスク)モバイル版リリースへ!人気のETHウォレットがスマホにも対応

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

ブロックチェーンで「クリスマスチキン」に安心と信頼を|食品大手Cargill

リップル「好材料」報告続く!RippleNet拡大・ゲイツ財団との提携・上場など

リップル「好材料」報告続く!RippleNet拡大・ゲイツ財団との提携・上場など

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

ライトコイン(LTC)が「Facebook Messenger」で利用可能に|Lite.IM

ライトコイン(LTC)が「Facebook Messenger」で利用可能に|Lite.IM

ビットコイン価格は今後「約22万円」に|下落市場は18ヶ月間続く可能性:Arthur Hayes

ビットコイン価格は今後「約22万円」に|下落市場は18ヶ月間続く可能性:Arthur Hayes

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

リップル(XRP)普及進む「タイで確実に合法化」Ripple CEO Brad Garlinghouse

仮想通貨決済できる「自販機」アジア地域導入へ ー 2018年末までに

仮想通貨決済できる「自販機」アジア地域導入へ ー 2018年末までに

仮想通貨ウォレット「Guarda Wallet」カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応

仮想通貨ウォレット「Guarda Wallet」カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応

今後は日本市場を重要視「CARDANO財団の大規模投資を望む」Charles Hoskinson

今後は日本市場を重要視「CARDANO財団の大規模投資を望む」Charles Hoskinson

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

人気のタグから探す