「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

by BITTIMES   

仮想通貨業界で期待が高まっている取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」の立ち上げに深く関わっていることでも知られる「Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)」が"ビットコイン決済導入に関する取り組みを行なっている可能性がある"との報道が話題となっています。

こちらから読む:Starbucksが深い関わりを持つ「Bakkt」とは

ビットコイン決済導入に「Starbucks」が同意?

Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)が「仮想通貨決済に関する取り組みを行なっている可能性がある」との報道は「The Block」によって報じられました。同メディアは、匿名希望関係者の話としてこのことを報じており、早ければ2020年までにはスターバックスで仮想通貨決済が導入される可能性があるとされています。

スターバックスは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)などによって昨年立ち上げられた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」に出資していることなどでも以前から話題となっており、これまでにも複数回に渡って「ビットコイン決済を導入する」といった噂が出ていました。

今回の報道では、Bakktに出資を行なっている多数の大手企業の中でも「Starbucks」が保有している資本比率が特に高い点が挙げられており、関係者が『スターバックスが株式の見返りとして「Bakkt」のサービスを利用して店内でビットコイン決済を受け入れることに同意した』と語ったことが報じられています。

具体的な決済方法としては「仮想通貨を法定通貨に換金するカード」や「スターバックスのモバイルアプリと連動すること」などによって仮想通貨決済が導入される可能性があると言われています。

Bakktの「仮想通貨決済サービス」に注目

現在Bakktは「ビットコイン先物取引」のサービスで特に注目を集めており、サービスが開始されることによって大規模な機関投資家の参入が見込めるとして期待が高まっています。しかしながら、先物取引のサービスは同社の第一段階の目標であり、今後の展開としては「仮想通貨決済サービス」などの導入によって、仮想通貨などのデジタル資産が主流の金融資産クラスに発展するのを支援することを掲げているため、これらの全体的な取り組みの一環として「スターバックスにおけるビットコイン決済サービスの導入」を支援する可能性があるとも考えられます。

しかし、Bakktの立ち上げが発表された当初に「Starbucksでビットコイン決済ができる」と報じられた際には、Starbucksの広報担当者が「ビットコインでフラペチーノの支払いができるようになるわけではない」と正式に報道を否定しており、ビットコインのような仮想通貨での支払いをスターバックスでは受け付けないことを明確に伝えることが重要だとも語っています。

このようなこともあり、今回のケースでは「仮想通貨決済」そのものが導入されるわけではなく、仮想通貨を一度「法定通貨」に換金することによって米ドル(USD)などの通貨で支払いを行うことができるというのが有力であると考えられています。このようなサービスはこれまでにもその他の企業から発表されており、一度法定通貨に換金することにはなるものの、利用者側からすると仮想通貨で支払いを行なっているのとさほど感覚は変わらないものとなっています。

より専門的な内容も含めて考えると、この決済方法に関しては多くの議論が行われると予想されますが「保有している仮想通貨」から支払いを行うことができるという点で見ると、仮想通貨の実用化につながることは間違いないため、実際に「Starbucks」で仮想通貨からの支払いができるようになれば仮想通貨の需要増加にもつながると予想されます。

今後はBakktの「ビットコイン先物取引」に関する情報とともに「仮想通貨決済サービス」の情報にも注目が集まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

ビットコイン:時価総額ランキングで「Facebook」上回る|BTC価格は5万ドル突破

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

【XRP盗難】Ledgerの「偽拡張機能」で被害報告|転送先はクジラウォレット

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

ハッキングで「約295種類のERC20トークン」が流出:暗号資産取引所Bilaxy

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

Cygnos(シグノス)仮想通貨レンディング貸借料の「日本円支払い」開始【世界初】

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

ロシア:政府職員に「暗号資産の保有状況報告」を義務付け

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FTX Japan」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

c0ban取引所:Amazonギフト券がもらえる「新規口座開設キャンペーン」開始

OKX:Everdomeのメタバース土地を取得「一般向けLANDオークション」も開始

OKX:Everdomeのメタバース土地を取得「一般向けLANDオークション」も開始

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

The Sandboxに「キャプテン翼Land」構築へ|日本発の漫画作品IPブランドが初提携

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

Solana Labs:Web3スマートフォン「Saga」を発表|仮想通貨関連機能を搭載

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

法務省「不正暗号資産の確実な没収」に向け法改正へ|犯罪収益を阻止=報道

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

DMMなど3社「アイドルグループ創造に向けたIEO」実施へ|Nippon Idle Token(NIDT)発行へ

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

バンダイナムコ:IPメタバース構築などに向け「株式会社Gaudiy」に出資

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

Chiliz&Socios:インドネシア初「ペルシブ・バンドン」と提携|ファントークン発行へ

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

カルダノ開発企業「米国下院小委員会でのスピーチ内容」公開|規制・技術活用などにコメント

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す