BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、先日報告された「本人確認(KYC)画像漏洩」に関する最新情報を公開しました。今回の発表では、調査を行なった上で判明したことや、今後の対応などについての説明が行われています。

こちらから読む:仮想通貨取引を促進する"SIMカード"が登場「仮想通貨」関連ニュース

バイナンスの「KYC画像漏洩問題」について

BINANCE(バイナンス)は、今月初めに同取引所から「ユーザーの個人情報」を取得したと主張するハッカーから"300BTCの身代金"の身代金を要求されたことを発表していました。

このハッカーは「BINANCEユーザーが本人確認(KYC)のために送信した運転免許証などの画像10,000枚を取得している」と主張しており、7日にはメッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」上でそれらのデータが拡散されたことによって大きな話題となっていました。

BINANCEは先日23日に、この件関する最新情報と今後の対応について説明するブログ記事を公開し、漏洩した画像とKYCデータが一致していないことを報告しました。

漏洩画像の一部が「第三者の処理画像」と重複

今回の発表では「KYC画像漏洩の問題は"現在も調査中"」だと説明されていますが、それと同時に「リークされた画像の一部がサードパーティベンダー(第三者企業)によって処理された画像と重複することを示している」とも報告されています。

具体的な企業名は明かされていないものの、バイナンスは2017年12月上旬から2018年2月下旬までに数回契約していると説明されているため、それらの契約を交わした企業の中の一部がこれに該当するのだと考えられます。

さらに漏洩した画像の中には「複数のフォトショップ画像」や「その他変更された画像」が含まれていたとも報告されており、これらの画像はデータベース内のKYC画像とは一致しておらず、包括的な調査の対象となっていると説明されています。

影響を受けたユーザーには「複数の優遇措置」

BINANCEは以前の発表の中で「KYCのために取得された画像は"電子透かし"の処理がされていたが、漏洩した画像にはこの"電子透かし"が含まれておらず、"BINANCEからKYC画像が流出したこと示す証拠は提供されていない"」と説明していました。

これらの情報は漏洩した画像が"偽造されたものである"という主張を裏付けていますが、バイナンスは影響を受けたユーザーにそれぞれの地域で"新しい身分証明書"を申請することを強く推奨すると述べています。

また、影響を受けたユーザーには「優遇された取引手数料・サポート・その他サービスを含む生涯を通じたBINANCEのVIPメンバーシップ」を補償するとも説明されています。

具体的な内容などについて問い合わせたい場合は「Binanceカスタマーサポートセンター」にリクエストを送信することで賠償などに関する質問をすることができるとされているため、より詳しい内容を知りたい方は以下の公式発表から連絡を取ることをお勧めします。

>>「BINANCEの公式発表」はこちら

2019年8月24日|Biance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Biance Coin/BNB)の価格は、2019年7月17日以降は2,750円付近のサポートラインを維持しており、2019年8月24日時点では「1BNB=2,840.90円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年6月25日〜2019年8月24日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年6月25日〜2019年8月24日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

プロボクサー兼政治家のマニー・パッキャオ氏、独自仮想通貨「Pac Token」を発表

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

大麻のDNAデータをブロックチェーン管理「製品の透明性向上」図る:TheraCann×TruTrace

ビットコインを「リトルリスク」と呼ぶ英国メディア

ビットコインを「リトルリスク」と呼ぶ英国メディア

ビットバンク(bitbank)が顧客資産の運用体制について公表

ビットバンク(bitbank)が顧客資産の運用体制について公表

注目度の高い仮想通貨ニュース

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

Apple Pay幹部が「仮想通貨」に言及|潜在的な可能性を注視

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

イーサリアムの「ステーキング報酬」など開発状況や今後の予定を説明:Vitalik Buterin

ペット用品大手が「ビットコイン還元サービス」を導入|Lolli×Petco

ペット用品大手が「ビットコイン還元サービス」を導入|Lolli×Petco

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

中国中化集団「石油取引のブロックチェーン基盤」構築を計画|Shellなどと協力

中国中化集団「石油取引のブロックチェーン基盤」構築を計画|Shellなどと協力

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月15日〜21日

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

Bakkt:ビットコイン先物公開に先立ち「カストディサービス」開始へ|9月6日から

ブロックチェーンで「野菜・果物」のサプライチェーン管理:スイス最大の小売業者Migros

ブロックチェーンで「野菜・果物」のサプライチェーン管理:スイス最大の小売業者Migros

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す