AMANPURI(アマンプリ)の独自トークンAMALが「Biki Exchange」に上場!

by BITTIMES

仮想通貨取引所「Biki Exchange」で2019年8月10日にIEOを実施し、わずか6分で完売となったAMANPURI(アマンプリ)の「AMALトークン」が8月27日から「Biki Exchange」で取引可能となりました。

暗号資産取引所「AMANPURI(アマンプリ)」とは

AMANPURI(アマンプリ)は、世界トップの取引量を誇る2つの取引所「BitMEX」と「Binance」が持つ、ディスカウント料・レバレッジ・トランザクション・リファラル・ユーザーサポートなどといった様々な利点を吸収して誕生した暗号資産取引所です。

最大倍数100倍のレバレッジ

アマンプリの最大の特徴は「レバレッジ倍数の高さ」です。最大倍数は100倍となっており、仮想通貨取引所の中では国内外で最大級のレバレッジ倍率となっています。

また、取引ボリュームで群を抜くBitMEXは、透明性のあるボードマッチングで「レバレッジ100倍」の取引ができることで人気ですが、レバレッジ取引は掛けるレバレッジの大きさだけ手数料が掛かります。つまり、これはユーザーにとっては大きな負担となります。

一方、アマンプリは「BINANCE」が発行する"BNB"のように、独自トークン「AMAL」を発行しているため、このAMALトークンで取引手数料を支払うことによって、取引手数料を50%削減できるようになっています。

この「AMALトークン」によって、ユーザーは負担を大幅に減らしながら、より快適なトレードを行うことができます。

トランザクション

アマンプリは「処理可能な注文数が1,000,000注文/1秒」さらに「約定可能な注文数が1台のサーバーで3,000注文/1秒」と高いトランザクション処理能力を誇っています。

大手仮想通貨取引所BINANCEは「1,400,000注文/1秒」となっているため、バイナンスと比較しても"引けを取らない高水準のトランザクション処理能力"であることが分かります。

独自トークン「AMAL」

2019年8月10日にIEOが実施されたアマンプリの独自トークン「AMAL」はアマンプリの大きな特徴の1つです。

AMALトークンを利用することによって、取引手数料を50%に軽減することができることは先述ましたが、このトークンは「現物取引」だけでなく「レバレッジ取引」でも使用することができるため、頻繁に取引を行うトレーダーにとって非常に魅力的なトークンとなります。

また、取引や送金の際に発生した各通貨の最小単位以下の端数を「AMALトークン」に変換することもできるため、一切の無駄がありません。

さらに、取引所の利益に対する5%がユーザーへの配当として付与され、 独自のプラットフォームで通貨を発行する際には保有率に応じて付与されます。AMALの配当は、毎日ユーザーの口座へ「ビットコイン(BTC)」で支払われ、ユーザー数の増加により取引高が大きくなることで、配当も増加していきます。

このように、様々な面でユーザーへ配慮した環境を揃えていることが支持され、今回の発表へと歩みを進めました。

アマンプリ「Biki Exchange」で取引開始!

アマンプリの販売所は2019年8月1日にオープンしました。
また、販売所のオープンに伴い、8月17日には「Biki Exchange」でAMALトークンのIEOが実施されました。

購入したAMALはアマンプリ取引所に送金しロックアップすることによって「配当の受け取り方」や「手数料の割引」に使用することができます。なお、初期に購入した方が有利な可能性があるため、AMALの購入は早めに行っておく方が良いとも考えられます。

さらにアマンプリは、ユーザーがトレードなどをより楽しむことができるように様々な企画を計画しています。
プレセールで購入した方、IEO、販売所で購入する方は、これから毎日楽しみが増えていくことでしょう。

AMALトークン「Biki Exchange」で取引開始!

2019年8月27日には、ついに「Biki Exchange」でAMALトークンの取引が開始されました。

上場キャンペーンとしてBikiとアマンプリは、
①保有数を競い、上位入賞者にはボーナスAMALをエアドロップ
②AMAL/BTCの取引量を競うトレード大会
を開催します。

詳しくは「Bikiの公式アナウンス」や「アマンプリのコミュニティ」をご確認下さい。

「Biki Exchange」は、ユーザー数約100万以上、24時間の取引量は2,000億円という世界の仮想通貨取引所ランキングでも上位に入る大手仮想通貨取引所です。

Biki Exchangeに上場することで大きな流動性が生まれるため、今後AMALトークンの取引量が増加することが予想されるとともに、AMALトークンのより便利な取引環境を提供します。

※注意※
現在はAMALトークンの最大保有量及び購入制限は設けていませんが、買い占め等でトークンが枯渇するような状況が予測される場合は制限を設ける予定です。

取引所URL:https://www.biki.com/trade/AMAL_BTC
キャンペーンURL:https://www.biki.com/noticeInfo/1253
Twitter:https://twitter.com/amanpuri_ex
Telegram :https://t.me/amanpurichat


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

BINANCE「ビットコインを半額で購入できる」キャンペーン開催へ

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

チリーズ(Chiliz/CHZ)総合格闘技団体「UFC」とグローバル提携

チリーズ(Chiliz/CHZ)総合格闘技団体「UFC」とグローバル提携

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

ビットコイン「1,000億円相当」が謎のウォレットに大量移動|Bakkt関連の可能性も

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

EVEN – ついにくるか?!安全で早い、全く新しい分散型仮想通貨取引所

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

BINANCE:KYC画像漏洩に関する「最新情報」を公開|今後の対応なども説明

注目度の高い仮想通貨ニュース

ザイフ:スマホ向けアプリ「Zaif Exchange」公開|期間限定キャンペーンも開催

ザイフ:スマホ向けアプリ「Zaif Exchange」公開|期間限定キャンペーンも開催

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

bitFlyer「テレビCM」の放送開始|ビットコインが当たる記念キャンペーンも開催

LocalBitcoinsのビットコイン取引量、南米3カ国で「過去最高」を記録

LocalBitcoinsのビットコイン取引量、南米3カ国で「過去最高」を記録

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

仮想通貨マイニングに「スーパーコンピューター」を悪用|不正アクセス報告相次ぐ

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

【Chiliz】ユベントスファントークン価格急騰「ロナウド選手の帰国報道」に反応

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

バイナンスコイン「金融・決済・旅行・エンタメ」など使用できるサービスの拡大続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す