ビットコイン、大幅反発で「80万円」まで回復|長期的な上昇トレンドを維持

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は2019年12月18日の22時頃に70万円付近まで下落した後に大きく反発し、本日19日の午前7時頃には一時的に80万円台まで回復しました。記事執筆時点ではやや下落しているものの、長期的な上昇トレンドは維持されているため、今後もさらに回復する可能性が期待されます。

こちらから読む:米億万長者、数百万円相当のBTCを購入「ビットコイン」関連ニュース

BTC、重要サポートで反発|次に注目のラインは?

ビットコイン価格は先月末に85万円付近まで回復した後は下落傾向が続いていましたが、先日18日の午後10時頃には70万円付近で再び反発し、本日19日の午前7時頃には81万円付近まで回復しました。その後はやや下落しており、記事執筆時点では1BTCあたり78万円付近で取引されています。

2018年のビットコイン暴落を予想したことでも知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、ビットコインの長期的なチャート画像を用いて今回の反発に関するツイートを投稿し、「ビットコインは重要なサポートライン維持している」と説明しました。

ビットコインはどうやら重要なサポートを持っているようです。

このラインはその他の著名アナリストにも注目されていたラインであり、仮想通貨ファンド「Adamant Capital」の投資アナリストであるTuur Demeester氏も11月末にこのラインを注視していることを明かしていました。

2015年1月に始まったビットコインの放物線状の上昇傾向はまだ無傷です。 2019年3月以来、初めてサポートラインに触れるようになりました。

ブラント氏は以前からこの画像を用いてビットコインの今後に関する説明を行っており、先週公開した動画解説でもビットコインが底値に近づいてきていることを説明していました。

同氏は現在のトレンドラインが崩されてしまった場合には「ビットコインが2020年7月に5,324ドル(約57万8,000円)まで下がる可能性がある」と語っていましたが、その一方では「長期的には上昇を続ける」との考えを維持しており、最終的には10万ドル(約1,085万円)に向かうことになると予想していたため、今後の回復にも注目が集まります。

今後は前回の抵抗線となった85万円のラインを超えることができるかが重要となりますが、このラインを超えることができれば再び100万円付近まで回復することになると予想されます。

今回のサポートラインに関しては、その他多くの著名アナリストたちが"重要なライン"だと語っているため、このラインが維持されたことはポジティブな兆候として捉えることができるでしょう。しかしながら依然として「ビットコインはまだ底打ちしていない」という意見も多く見られているため、価格急騰時にBTCを購入する場合などには注意する必要があります。

2019年12月19日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、本日19日の午前8時頃に80万円付近まで回復した後はやや下落しており、記事執筆時点では「1BTC=795,410円」で取引されています。

2019年12月12日〜2019年12月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月12日〜2019年12月19日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月24日〜30日

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

ビットコイン取引量:日本円が再び「世界一」に|仮想通貨市場に変化

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

シリコンバレーの「クジラ」は仮想通貨で数億円のダイヤモンドを購入する

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

ビットコイン(BTC)の適正価格は「156万〜168万円」Thomas Lee

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

仮想通貨マイニングソフト「Honeyminer(ハニーマイナー)」MacOS・Windowsに対応

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

Cardano財団:元研究パートナーとの「訴訟問題」に直面

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

ビットコイン反発で一時「70万円台」まで回復|ロングポジションも増加傾向

ビットコイン反発で一時「70万円台」まで回復|ロングポジションも増加傾向

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

独自通貨で「感染予防対策」を推進|アクトコインが新カテゴリー追加

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

人気のタグから探す