オランダ銀行:ユーロ圏の「中央銀行デジタル通貨開発」に前向き姿勢

by BITTIMES

オランダの中央銀行である「オランダ銀行」は、2020年4月21日に公開した記事で『オランダ銀行は中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発で主導的役割を果たすことを望んでいる』と語り、CBDC開発に前向きな姿勢を示しました。

こちらから読む:デジタル人民元、5月からテスト運用開始か「CBDC」関連ニュース

中央銀行デジタル通貨の利点を強調

オランダ銀行は2020年4月21日に公開した記事の中で『中央銀行デジタル通貨(CBDC)は"非現金決済の後ろ盾"として機能するだけでなく、決済市場の多様化を促進することができ、国境を超えた支払いを効率的にする可能性がある。さらには金融システムが不安定な時に信頼を育むのにも役立つ。』と説明し、CBDCに大きな可能性を感じていることを明かしました。

オランダ銀行はCBDCの発行が検討されている理由として「現金の利用者数が減少してきていること」と「Libraのようなステーブルコインが登場したことによって、現在の決済システムに欠陥があることが判明したこと」の2つを挙げており、現金利用者に関しては、"オランダでも明らかに減少している"と報告しています。

"CBDCを導入すれば決済システムをよりスムーズにすることができる"と述べているオランダ銀行は『原則としてCBDCに前向きな姿勢をとっている』と説明していますが、その一方では"CBDCは銀行のリスクを悪化させる可能性もある"とも述べており、『金融危機が訪れた場合などには市民や企業が銀行の残高をCBDCに交換しようと殺到する可能性があるため、CBDCの循環量を制御するための対策を講じることは非常に重要である』と説明しています。

CBDC開発で「主導的役割」を望む

仮想通貨業界では、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨が法定通貨に置き換わることを望む意見も出ていますが、オランダ銀行は『私たちは一般的に使用されるいくつかの"公的な通貨"は存在し続けなければならないと信じている』と述べており、「取引手数料の削減」や「送金の効率化」に役立つデジタル通貨の可能性を支持しつつ、中央銀行が管理するCBDCの必要性を訴えています。

オランダ銀行はCBDC発行に対して意欲的な姿勢を示していますが、それと同時に『まず必要なのはユーロシステム内とオランダの両方でCBDCに関する詳細な政策議論である』とも述べており、実際にCBDCを発行する前にはユーロ圏全体で議論を行い、ヨーロッパでの規制導入が必要になる可能性もあると説明しています。

最終的な結論としては『オランダ銀行はCBDCの開発で主導的な役割を果たすことを望んでいる』とされており、『ユーロシステム内で"より具体的なCBDCのテストを実施する"という決定が下された場合、私たちは主導的な役割を果たす準備ができている。オランダはそのような実験に適した実験場を提供する』と説明されています。

>>「オランダ銀行」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BitTorrent:TRON(TRX)活用したライブストリーミングアプリ「BLive」のテスト開始へ

BitTorrent:TRON(TRX)活用したライブストリーミングアプリ「BLive」のテスト開始へ

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

BINANCE:中国・コロナウイルス被害者支援で「1,000万元」を寄付

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

XRP(リップル)価格「50円付近まで高騰」トレンド転換の指標も

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

デジタル人民元「中国・蘇州市」でもテスト実施へ|オフライン決済なども試運用

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

匿名通貨「モネロ(Monero/XMR)」の追跡が可能に|CipherTraceが特許申請

匿名通貨「モネロ(Monero/XMR)」の追跡が可能に|CipherTraceが特許申請

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

仮想通貨OMG Network:ハードウェアウォレット「Ledger」で保管可能に

仮想通貨OMG Network:ハードウェアウォレット「Ledger」で保管可能に

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

【重要】Liquid by Quoine:不正アクセスで「個人情報流出」の可能性|ユーザーは確認を

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

ブロックチェーンとAIで「日本マンガの多言語翻訳+収益還元」Gaudiy×Mantra

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

ブロックチェーン・デジタルID用いた「電子投票技術」構築へ:石川県加賀市 × LayerX × xID

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

Ripple社:アラブ首長国連邦「ドバイ国際金融センター(DIFC)」に新オフィス開設

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

国内事業者12社:XRP保有者に対するSparkトークン付与で「Flare Networks」と基本合意

国内事業者12社:XRP保有者に対するSparkトークン付与で「Flare Networks」と基本合意

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す