EOSブロックチェーンを「企業間取引」に活用:大手会計事務所グラントソントン

by BITTIMES

世界で7番目に大きい会計事務所である「Grant Thornton(グラントソントン)」は、2020年4月30日に会社間の取引を管理するための新しいプラットフォーム「inter.x」を立ち上げたことを発表しました。このプラットフォームにはイオス(EOS)のブロックチェーン技術が活用されていると伝えられています。

こちらから読む:独BC企業、ポルシェなどから6億円調達「ブロックチェーン」関連ニュース

「企業間取引の透明性向上」に向け技術活用

Grant Thornton(グラントソントン)は、ロンドンを本部とする世界第7位の会計事務所であり、アメリカ・フランス・ベトナム・ペルー・ハンガリー・ロシア・ブラジル・オーストラリア・スイス・南アフリカ・日本などを含む130ヵ国以上に子会社を有しています。

同社が30日に発表した「inter.x」は会社間の取引で透明性を高めることなどを目的として開発されたプラットフォームであり、取引を記録するための基盤技術としてイオス(EOS)のブロックチェーン技術を採用していると伝えられています。

このソリューションは移転価格や財務管理などといった企業間で行われる取引を監視する「リアルタイムのデータ分析ダッシュボード」を提供するため、新型コロナウイルスによって企業間取引に混乱が生じている企業などを支援することができると説明されています。

企業間で行われる取引は「根本的な詐欺行為・手作業によるエラー・不要な仲介手数料・時間の浪費」などの原因となる場合があり、実際に企業間で行われた取引記録で"改ざん"が行われた事例なども多数報告されているため、情報改ざんを防止して、データをスムーズかつ低コストに共有することができるブロックチェーン技術はそのような問題の解決策として広く活用され始めています。

ブロックチェーン技術はその他の大手会計事務所でも重要視されており、昨年4月には求人サイト「Indeed(インディード)」において4大会計事務所として知られる4社のうちの3社である「Deloitte・KPMG・EY」がブロックチェーン関連の求人掲載数でTOP5にランクインしたことなども報告されています。

>>「Grant Thornton」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

SBI・三井住友「デジタル分野」で提携|ブロックチェーン投資の新ファンドでも協力

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

バイナンス:オーストラリア向けの暗号資産取引所「Binance Australia」立ち上げ

カナダ当局:Evolve Fund Groupの「ビットコインETF」を承認|北米で2例目

カナダ当局:Evolve Fund Groupの「ビットコインETF」を承認|北米で2例目

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

ブロックチェーンゲーム「SkyWeaver」開発に向け5億円を調達:Horizo​​n Blockchain Games

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

注目度の高い仮想通貨ニュース

SONY(ソニー)暗号資産対応「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許申請

SONY(ソニー)暗号資産対応「eスポーツベッティングプラットフォーム」の特許申請

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

今注目のNFTやDeFiを活用するプロジェクトTimeCoinProtocol、VTuberプロダクションやゲームプレイヤーマッチングサービスも!

コインチェック:暗号資産積立で「最大1万円相当のBTCがもらえるキャンペーン」開催へ

コインチェック:暗号資産積立で「最大1万円相当のBTCがもらえるキャンペーン」開催へ

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

中南米諸国の政治家、続々と「ビットコイン支持」を表明|エルサルバドルに続く

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

バイナンス「Binance NFTの公開日」を発表|一部参加アーティストなども明らかに

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

ビットコインの電力消費量は「銀行システムの2分の1以下」Galaxy Digitalレポート

米名門ペンシルベニア大学:過去最高額「5億円相当のビットコイン寄付」受け取り

米名門ペンシルベニア大学:過去最高額「5億円相当のビットコイン寄付」受け取り

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

IOST基盤の日本円連動ステーブルコイン「JPYA」販売開始:プラチナエッグ

CoinBest(コインベスト)「Android版の暗号資産取引アプリ」公開

CoinBest(コインベスト)「Android版の暗号資産取引アプリ」公開

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

Huobi Japan「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

ビットフライヤー:1万円分のビットコインが当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

ビットフライヤー:1万円分のビットコインが当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す