ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

by BITTIMES   

仮想通貨(暗号資産)ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)に関する基本情報や特徴・メリット・将来性・購入方法・取り扱っている取引所などをわかりやすく解説します。過去数ヶ月間で価格上昇を続け、一部で話題となっている"BTCV"について「ビットコイン(BTC)との違い」なども交えながら詳しく説明します。

こちらから読む:仮想通貨業界の最新情報をチェック「仮想通貨」関連ニュース

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?

Bitcoin-Vault-logo

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)は、ポーランドに本社を構える仮想通貨関連企業「MINEBEST(マインベスト)社」が2019年12月に独自開発した仮想通貨であり、"個人間で直接取引できる盗難防止機能を備えたデジタルゴールド"として機能することを目的として開発されています。

「Bitcoin Vault」の名称には"ビットコイン"の文字が入っていますが、実際にはビットコインから分岐して誕生した訳ではなく、独自開発されたブロックチェーン技術を用いて新しく発行されています。しかしながら、基本的な部分はビットコインをベースとして開発されているため「総発行枚数が2,100万枚であること」や「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用していること」などの面ではビットコインに類似しています。

「ビットコイン」と「ビットコインボルト」の大きな違いは、ビットコインボルトは"価値の保存手段"として機能することに特に重点を置いているという点です。ビットコインは"個人間での直接取引が可能な電子マネー"として機能するために設計されていますが、ビットコインボルトは"より安全な価値の保存手段"として機能できるようにするために、以下のような複数の面で変更が加えられています。

「3つの秘密鍵」で高レベルのセキュリティを実現

仮想通貨には自分の資産を管理するための「秘密鍵」が存在しますが、ビットコインボルトは一般的な仮想通貨とは違い「合計3つの秘密鍵」を作成するによってより高レベルなセキュリティを実現することを目指しています。

秘密鍵が1つしか存在しなかった場合には、その秘密鍵を盗まれたり、紛失してしまったりすることで、自分の資産を失ってしまう可能性がありますが、ビットコインボルトは3つの秘密鍵を作成しているため、万が一の場合にもより柔軟な対応をとることができるようになっています。

取引確認時間を10分から24時間に

ビットコインボルトのホワイトペーパーでは「トランザクションの確認時間を10分から「24時間」へと増やすことによって、ビットコイン最大の欠陥である"盗難の可能性"に対処している」と説明されています。

これはビットコインボルトが"支払い"ではなく"価値の保存手段"としての機能を重視していることを表しています。

24時間以内で利用可能な「取引の取り消し機能」

トランザクションの確認時間が24時間に延長されていることによって、盗難などの緊急事態が発生した場合には使用されなかった修復キーを使用することによって"取引をキャンセル"することができるようになっています。

ビットコインのブロックチェーンは「改ざん不可能な状態でデータを記録することができる」という特徴を有していますが、取引所のハッキングなどによって仮想通貨が不正送金された場合にもそれらの不正取引をキャンセルすることができないため、深刻な問題となっていましたが、ビットコインボルトは24時間以内であれば取引をキャンセルすることができるため、ハッキング被害などにも対処できると期待されます。

即時取引機能(インスタント・トランザクション)

ビットコインボルトは「即時取引(インスタント・トランザクション)」と呼ばれる機能も備えているため、もしも早急に仮想通貨を送金したい場合にはこの機能を利用することによって、24時間のトランザクション確認時間を10分に短縮することが可能です。

即時取引機能のメカニズムは、複数の署名を必要とする「マルチシグウォレット」に似ています。この機能を利用する場合には、別の場所に安全に保管する必要がある別の秘密鍵からの追加の署名が必要となります。

半減期(減少期)を「6ヶ月周期」に変更

ビットコインは「およそ4年周期」で半減期を迎えるように設計されていますが、ビットコインボルトはその周期を大幅に短縮して「およそ6ヶ月周期」で半減期(減少期)を迎えるように変更が加えられています。なお、ビットコインボルトの半減期では報酬が半分になるわけではないため、正確には「減少期」ということになります。

先述したように、ビットコインボルトはハードフォークによって生まれた仮想通貨ではなく"新しく開発された仮想通貨"であるため、2020年時点ではマイニングも"初期段階"ということになります。ビットコインボルトのマイニングや半減期については以下の項目で詳しく解説します。

ビットコインボルトの「半減期・マイニング」について

Mining

ビットコインボルトの減少期周期

ビットコインボルト(BTCV)はビットコインと同じPoWを採用していますが、半減期の周期は大幅に短縮されており、以下のような周期で減少期が訪れる予定となっています。

周期ブロック報酬報酬額の変更日(約)マイニングコインの枚数マイニングコインの累積枚数
1175-52237505223750
21502020年5月39900009213750
31252020年11月332500012538750
41002021年5月266000015198750
5752021年11月199500017193750
6502022年5月133000018523750
7252022年11月66500019188750
812.52023年5月33250019521250
96.252023年11月16625019687500

ここで注目すべき点は「ビットコインボルトは2020年6月時点でマイニングの初期段階にある」という点です。ビットコインは同じ2020年5月時点でブロック報酬額が6.25BTCまで半減することになりますが、ビットコインボルトでは2020年5月でも「150BTCV」のブロック報酬を得ることができます。

現段階でBTCVのマイニングに参加すればより多くのマイニング報酬を得ることができるため、この点がビットコインボルトの利点の1つであると考えられます。

ビットコインと同じ「ASIC」でマイニング可能

PoW系仮想通貨のマイニングは「GPU」や「ASIC」などによって行われるのが一般的ですが、ビットコインボルトは"ビットコインのマイニング"で使用されている「ASIC」でのマイニングが可能です。

ASICを使用すれば"GPUよりも低コスト"にマイニングを行うことができるため、ビットコインボルトはその他の仮想通貨に比べるとマイニングで収益を出しやすい設計となっています。

「マイニングシティ」でマイニング可能

ビットコインボルト(BTCV)は「Mining City(マイニングシティ)」と呼ばれるサービスでマイニングすることができます。

Mining City(マイニングシティ)は「ユーザー名・氏名・メールアドレス・パスワード」を入力するだけで登録することができるようになっており、その後ビットコインを送金して、希望するマイニングプランを契約するとBTCVをマイニングすることができます。

ただしマイニングを通じてBTCVを入手する場合には"仮想通貨取引とは別の知識"が必要となるため注意が必要です。過去の事例では、広告収入を目的とした宣伝などによって新規ユーザーが急増したにも関わらず、仮想通貨市場が低迷したことによって、損失を出したユーザーが多く存在したことも報告されています。

ビットコインボルト関連の記事では「マイニングシティでの入手」を勧めている例が多く見受けられますが、マイニング関連サービスの利用に慣れていない方などは"仮想通貨取引所"を利用する方が良いと考えられます。

BTCVマイニングの画像BTCVのマイニングはこちら(登録無料)

ビットコインボルト(BTCV)の価格・チャート

ビットコインボルトの「将来性・今後」について

ビットコイン関連のプロジェクトやハードフォークなどでは「決済手段」としての機能性を高めることを目的とした取り組みが数多く行われてきましたが、実際には「価値の保存手段」として使用されている傾向にあることが報告されています。

ビットコインボルトはそのような「価値の保存手段」としてのビットコインの利点を最大限に活かすための変更が加えられた新しい考え方の仮想通貨であるため、「日常的な支払いにも使える万能通貨」にはならないものの「価値の保存手段」という面では最適な仮想通貨になる可能性を秘めていると考えられます。

ビットコインに関しては現在も「交換・決済手段として優れているのか」「価値の保存手段として優れているのか」という点で議論が続けられているため、ビットコインボルトが「価値の保存手段」としての役割を担うことができれば、このような議論にも決着がつく可能性があると考えられます。

将来的にビットコインボルトのプロジェクトが成功するかどうかは「仮想通貨業界でその価値が認められ、実際に普及するかどうか」にかかっていると考えられますが、現時点ではプロジェクト誕生から間もないにも関わらず世界的に注目を集め始めているため、今後新たな取引所に上場するなど知名度向上につながるアクションが起きれば、大きな成長がみられると予想されます。

BTCVが上場している仮想通貨取引所

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)は、2020年8月時点で以下9つの仮想通貨取引所に上場しています。

【BTCVが取引できる仮想通貨取引所】
・Liquid(リキッド)
・Coineal(コインニール)
・MXC(エムエックスシー)
・Hotbit(ホットビット)
・BKEX(ビーケーイーエックス)
・CoinBene(コインベネ)
・LBank(エルバンク)
・WBF Exchange(WBFエクスチェンジ)
・ChainEX(チェーンエックス)

ビットコインボルト(BTCV)の関連リンク

ホワイトペーパー(英語)
ホワイトペーパー(日本語)
テレグラム
Twitter
Youtube
公式ホームページ
Bitcoin Vault Explorer

BTCVマイニングの画像BTCVのマイニングはこちら(登録無料)


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

BINANCE:Symbol(XYM)エアドロップに伴う「XEM入出金の一時停止」を発表

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

仮想通貨は今後どうなる?これからの捉え方、向き合い方

タンザニア大統領:中央銀行に「仮想通貨・ブロックチェーン対応の準備」を指示

タンザニア大統領:中央銀行に「仮想通貨・ブロックチェーン対応の準備」を指示

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

日本暗号資産市場社「JPYC株式会社」に社名変更へ|ステーブルコイン事業を強化

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

南アフリカ警察は約3万人が関与する仮想通貨投資詐欺を調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

BINANCE:欧州3ヵ国で「先物・デリバティブの利用制限」マレーシアでは停止命令も

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

韓国金融当局:外国暗号資産事業者27社に「9月24日までの登録」求める|処罰の可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す